ベトナムにIHGホテルが3軒増えます

ベトナムにIHGホテルが3軒増えます

IHGは、ベトナムで3つのホテル契約を締結し、ホテル・インディゴ、クラウンプラザ、ホリデイ・イン・エクスプレスの3ブランドが複合施設内にオープンすることになりました。
 
個人的に、これからベトナムへ行く機会とIHGを訪れる機会が増えそうなので、少し調べてみました。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

ベトナムの新しいIHGホテル

この契約は、ConBap Ecologoical Tourist社との契約により、2024年にホイアンのホイアン・ドール(Hoian d’Or)内に3つのホテルがオープンする予定です。
 
ホイアン・ドールは、ダナン空港(DAD)から車で35分、世界遺産である古都ホイアンから徒歩10分の川沿いに位置しています。
 
3つの施設には、リバーフロントクラブを含む6つのレストランとバー、屋外プール、ジム、スパ、ビジネスコーナーが含まれます。
 
また、2,000平方メートルを超えるホイアン最大のミーティングスペースも設置される予定です。
 
IHGはベトナムで15軒のホテルをオープンしており、2027年までに6,000室以上の20軒のパイプラインを通じて、ホテル数を倍増させる計画です。
 
また、リージェントフーコックに続き、Voco マベル・ダナンのオープンにより、Vocoホテルズブランドを同国に導入する予定です。
 
リージェントフーコックは、先日お伝えしたIHGの「6,000 Club」の対象となっています。

Screenshot

IHGの「6,000 Club」キャンペーン

IHGの「6,000 Club」キャンペーン

さらに2022年初めには、Sun Hospitality Groupと、ベトナムに4つのホテル(合計2,709室)を追加する契約を締結しています。

まとめ

ベトナムにもどんどんIHGホテルが増えますね。
 
これまでは個人的に、東南アジアに強いのはアコーホテルズ、というイメージでしたが、これからはIHGも宿泊(修行)しやすくなりそうです。
 
東南アジアは今のところまだ、ラグジュアリーブランドのホテルであっても比較的安価に宿泊できるので修行の合間に訪れて、ホテル滞在を楽しみたいと思います。
(シンガポール除く)
 
やっぱり、アコーホテルズもIHGも必要ですね。
 
インターコンチネンタルは素敵なホテルだと思いますし、ソフィテルやラッフルズもなんだかんだで好き。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA