IHGのポイント交換サイトが再開

IHGのポイント交換サイトが再開

IHGは以前から、会員がポイントをApple製品やギフトカードなど様々な商品特典に利用できるようにしてきていましたが、2020年春に一時的に利用を停止しました。
 
これが再び、このタイミングで利用できるようになりました。
 
今は、どのようなものと交換できるのか少し調べてみました。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

何と交換できるのか

ポイント交換サイトはこちらです。
 
https://www.globalcatalogue.ihg.com/home?eykC/QYuOII=
 
日本向けのサイトも用意されていて、iPhoneや各種電化製品、ギフトカードなど、さまざまな商品にポイントを使うことができます。
 
何かのアイテムと交換するのには最低でも、2,500ポイント必要です。
 
一例ですが、
 
図書券1,000円分 : 8,000ポイント
QUOカード3,000円分 : 16,000ポイント
ジェフグルメカード500円分 : 7,500ポイント
 
となっています。
 
いかに効率が悪い交換か、この時点で既におわかりいただけたかと思います。
 
IHGのポイントはJPY0.6/ポイントくらいで購入できますが、ポイントと交換となると、かなり割の悪い形で利用しなければいけません。
 
お得なものは、一つもありません。

まとめ

ポイントプログラムのポイントをギフトカードや商品券に交換することは、通常はベストな選択ではありませんが、他にポイントが必要ない場合は、失効させるよりも使用した方がよいでしょう。
 
会員の中には、仕事で常に出張があり、使い切れないほどポイントを貯めている人もいます。
 
このポイントを、無駄遣いすることで、現金の節約になります。
 
それにしても酷い交換比率なので、どうせならどこかのホテルにポイントで宿泊した方がよっぽど良さそうです。
 
自社のポイントは、自社で利用するのが一番ですね。
 
これは何もIHGに限った話ではなく、ホテル・飛行機全般に言えることです。
 
例えば、交換できるアイテムとしてiPhone 12 128GBがありますが、これは381,000ポイント必要です。
 
これだけのポイントがあれば、どこかの都市のどこかのホテルの素敵な部屋だって宿泊が可能です。
 
例えば、関東地方でもインターコンチネンタル横浜ピア8は1泊50,000ポイントくらいで宿泊することが可能なので、381,000ポイントあれば1週間宿泊可能です。
 
このホテルに有償で7泊しようと思ったら、JPY250,000くらいはかかるでしょう。
 
価値観の問題かもしれませんが、自分ならこのポイントを宿泊に使い、上級会員の実績を獲得するでしょう。
 
ポイント交換サイトは、参考程度に見ておくくらいで良いかもしれません。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA