IHGのポイント宿泊必要ポイント数変更(一部改善!)

IHGのポイント宿泊必要ポイント数変更(一部改善!)

IHGのポイント宿泊必要ポイント数が、変更となりました。
 
日本にあるホテルにも影響があったので、紹介したいと思います。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

改悪概要

今回の必要ポイント数変更は、2019/1/25からとなっています。
 
今回の変更で、改悪となったホテルは世界で700くらいのホテル、改善となったホテルは570くらい(そのうち2/3はアメリカのホテル)と、改悪となったホテルの方が圧倒的に多くなっています。
 
10,000ポイント増となったホテルもあり、IHGは頻繁に必要ポイント数の見直しを行っている印象です。

日本のホテルはどうなったのか

日本のホテルも、ポイント数が増加したところがほとんどです。
 
一覧でまとめてみました。

ここをタップして表示Close
ホテル名 必要ポイント数
インターコンチネンタル東京ベイ 55,000
ANAインターコンチネンタル東京 55,000
ヨコハマ グランド インターコンチネンタル 55,000
ANAクラウンプラザホテル岡山 25,000
ANAホリデイインリゾート宮崎 15,000
ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー 30,000
ANAホリデイインすすきの 25,000

今回は10,000ポイントも増えたところはありませんでしたが、わずかにホリデイインANAリゾート宮崎が改善となっただけで、その他は全て改悪となっています。
 
その他、世界のホテル変更一覧はこちらのページをどうぞ。
 
https://ihg.scene7.com/is/content/ihg/IHG_DAM/ihg/2019-reward-night-adjustment/pdfs/2019_Point_Changes_Summary_120718_PDF.pdf

まとめ

IHGの宿泊ポイント数見直しは1年に1回くらい、だいたいこの時期にやってきますね。
 
去年もちょうど、同じくらいの時期に投稿をしています。

ScreenshotIHGグループのポイント宿泊ルールが改悪

IHGグループのポイント宿泊ルールが改悪

去年から香港のインターコンチネンタルは必要ポイント数が70,000ポイントとなりましたが、ようやくこの70,000ポイントが貯まったので今度宿泊してみようと思います 🙂

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)