IHGのステータスが変更となります(2022年3月から)

IHGのステータスが変更となります(2022年3月から)

ヒルトンやマリオットなどに比べると(招待制を除く)最上級会員の特典が薄く、自分はちょっと敬遠してしまっているIHGですが、2022年3月よりステータスルールの見直しがあるようです。
 
変更点はどのようなものなのか?調べてみました。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

どのように変わるのか

自分のところに届いたメールによると、まず
 
・ステータスレベルの名前
・ステータス獲得維持に必要な宿泊数、ポイント数
 
が変わるようです。
 
ステータスレベルの名前について、現在の
 
・ゴールド
・プラチナ
・スパイア
 
から、
 
・シルバー
・ゴールド
・プラチナ
・ダイヤモンド
 
となります。
 
各ステータスの獲得維持に必要な泊数・ポイント数は以下の通りです。

ここをタップして表示Close
ステータス 必要ポイント数 必要泊数
シルバー 10泊
ゴールド 40,000ポイント 20泊
プラチナ 60,000ポイント 40泊
プラチナ 120,000ポイント 70泊

現行のステータスを保有している人はそのまま、新しいステータスへ移行されるのだと思われます。
 
最上級会員であるスパイアエリートは75泊または75,000ポイントだったのがダイヤモンドメンバーと名前が変わり、泊数も70泊になりました。
 
ですが、2022年は2023年以降のステータス維持のために宿泊実績を重ねなければいけません。

獲得する価値があるのか?

2022年1月現在、新しいステータスにおいて特典がどのようになるかは不明です。
(IHGのメールにも”We can’t share all the details right now”とありました)
 
現行スパイアエリートの特典は、他のホテルチェーンに比べると酷いものです。
 
無料朝食、ありません。
 
ラウンジアクセス、(基本)ありません。
 
レイトチェックアウト保証、ありません。
 
スイートルームへのアップグレード、ありません。
 
なので、修行をしてでも獲得・維持するものではないと思っています。
 
ですがもし、ダイヤモンドメンバーが
 
・スイートルームを含めたアップグレード
・レイトチェックアウト
 
の特典を受けられるのであれば、目指す価値もあるかなと思っています。
 
日本においては中堅都市にもIHGのホテルがあるので、国内を旅する場合にはなんだかんだで利用することがあるため、IHGのステータスも場合によっては持っていた方が良いと思うんです。
 
イギリスにもIHGのホテルは多いですし、キンプトンは個人的には好きですしね。

まとめ

今回のIHGの発表は、こちらのページで見ることができます。
 
https://www.ihg.com/rewardsclub/content/gb/en/new-rewards
 
2022年3月からスタートということで、2月には新たな発表があるでしょう。
 
現行のインターコンチネンタルアンバサダーとの兼ね合いはどうなるのか?など問題はありますが、もう少し情報が出てきたら改めてIHGのステータスを考えてみたいと思います。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA