上海浦東空港(PVG)直結のIHGホテルが2つ、2024年にオープン予定

上海浦東空港(PVG)直結のIHGホテルが2つ、2024年にオープン予定

個人的に、いつも利用を躊躇う上海浦東空港(PVG)。
 
理由は色々ありますが、
 
・乗継でも一度入国しなければいけない
・ステキなラウンジがない
・入国後も荷物検査で長蛇の列
・なんとなく空港内の空気が重い
・出国のセキュリティチェックで「カサ、カサ」と言われ、カバンから折り畳み傘を出さなければいけない
 
などなど。
 
その中でも、
 
・空港周辺にステキなホテルがない
 
という問題も個人的には大問題です。
 
空港直結のホテルはありますが、値段相応という感じでなかなかリラックスはできません。
 
PVG近くのホテルで、シャトルバスのサービスがあるホテルチェーンといえば、わずかにウィンダム系列のラマダホテルがあるだけ。

ScreenshotHotel Review : ラマダプラザ 上海浦東空港(Ramada Plaza Shanghai Pudong Airport)

Hotel Review : ラマダプラザ 上海浦東空港(Ramada Plaza Shanghai Pudong Airport)

他のホテルチェーンに宿泊しようと思ったら、リニアに乗って市内へ行かなければならず、それはそれでとても面倒です。
 
ですが、その問題がそろそろ解決しそうです。
 
IHGホテルグループは、PVG直結のホテルを2つ、2024年をめどにオープンさせると発表しました。
 
これはとても期待できそうなので詳細を紹介します。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

新設されるIHGホテル

2024年開業を目指して建設されるホテルは、PVGのターミナル1と2の間に建てられる複合施設の一部として展開されます。
 
場所は、PVG到着口から歩いて行ける距離。
 
ホテルブランドは、インターコンチネンタルとホリデイイン。
 
もちろん、ホテルチェーンとしてはPVG初の空港直結ホテルとなります。
 
これは期待できそうです。
 
ちなみに、上海のもう一つの空港・虹橋空港(SHA)には2023年にシャングリ・ラホテルがオープン予定です。

まとめ

PVGに限らず中国ではIHGが強いですね。
 
上海市内に近いフォーシーズンズ上海浦東は2020年5月を目処にRegentにリブランドされる予定です。
 
自分はIHGホテルは積極的には宿泊していませんが、このPVGや日本国内のいくつかの都市のように「IHGしかない場所」へいく場合に重宝します。
 
そういう意味で、スパイアアンバサダーのステータスは維持しておきたいですね。
 
また2024年であれば、ウィルス騒ぎも恐らく落ち着いて空港を利用できるでしょう。
 
PVGには2019年、サテライトがオープンして様々な航空会社が利用しています。
 
キャセイパシフィック航空(CX)がラウンジをリニューアルしてオープンしたので、CXラウンジを訪れるついでにインターコンチネンタルも宿泊してみたいです 🙂

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea