JAL(JL)のファーストクラスがシドニー(SYD)線で復活!

JAL(JL)のファーストクラスがシドニー(SYD)線で復活!

2010年に会社更生法の適用を申請して以来、路線の縮小を余儀なくされていた日本航空(JL)。
 
ファーストクラス路線の削減もその一環で、東南アジア線のファーストクラスは運航がありません(2020年1月現在)。
 
ニューヨーク(JFK)やロンドン(LHR)など、一部の長距離路線に限られています。
 
ですがここにきて、シドニー(SYD)路線にも就航することになったようです。
 
その詳細をお伝えします。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

運航スケジュールと機材

ファーストクラスが設定されるのは2020/9/1のHND発からで、
 
JL51 : 羽田(HND) – シドニー(SYD)
JL52 : シドニー(SYD) – 羽田(HND)
 
の路線です。
 
運航機材は、ボーイング B777-300ER。
 
2020年1月現在同路線に使用されているB787-9よりも大きな機材です。
 
ファーストクラスの座席は、1-2-1配列が2列の合計8席です。
 
座席は個室タイプではなく、いわゆる「棺桶」。
 
ファーストクラスの販売は、2020/1/31からとなります。
 
2020/1/22現在、空席を調べてみましたが確かにファーストクラスの設定がありました。
 
ただ、やっぱり空席は0になっています。

マイレージでファーストクラスに乗るには

マイレージでの予約も同時に可能になるそうですが、きっと争奪戦になるでしょう。
 
自分は参加しませんが^^;
 
SYDまでのJLのファーストクラスに搭乗する際の必要マイレージ数ですが、主な航空会社の必要マイレージ数は以下の通りです。

ここをタップして表示Close
航空会社 必要マイレージ数
日本航空(JL) 50,000マイル
ブリティッシュ・エアウェイズ(BA) 103,000Avios
アメリカン航空(AA) 60,000マイル
キャセイパシフィック航空(CX) 140,000マイル
エミレーツ航空(EK) 62,500マイル

やっぱり自社のマイレージが一番少ないですね。

まとめ

機材が大きくなったことで、ビジネスクラスの座席も増えます。
 
ただ、配列が2-3-2なのでちょっと窮屈な思いをするかもしれません。
 
ファーストクラスの設定は、全日空(NH)がヴァージン・オーストラリア(VA)と提携を行ってオーストラリア路線を強化することへの対抗策なのかもしれません。
 
日系キャリアのファーストクラスはまだ一度も搭乗したことがないので、JLのファーストクラスも一度体験したいです。
 
日系キャリアのファーストクラスにおけるサービスが自分に合うのかどうか?
 
海外キャリアとの比較をしてみたいですね 🙂

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

マイレージの無料メルマガ講座も受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea