LATAMグループの予約システムがSabreに統合

LATAMグループの予約システムがSabreに統合

ワンワールドメンバーであるLATAM航空グループですが、その中には
 
・LATAMチリ航空(LA)
・LATAMブラジル航空(JJ)
・LATAMアルヘンティナ(4M)
・LATAMコロンビア(4C)
・LATAMペルー(LP)
・LATAMパラグアイ(PZ)
・LATAMエクアドル(XL)
 
という航空会社が入っています。
 
今回、このLATAMグループで採用される基幹システム(GDS)がSabreに完全移行することになったので、その移行に伴う影響などを調べてみました。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。

移行スケジュール

移行作業は2015年から始まっていたので、足掛け3年の大きなプロジェクトになります。
 
上記グループ会社のシステム統合が徐々に行われていたのですが、2018/2/2にまずPZのシステムが完全にSabreへ移行し、PZ便名がなくなりました。
 
同じく2/2にJJの販売システムがSabreへ移行します。
  
最終的な移行は、2018/5/11に完了します。

JJはもともとスターアライアンスメンバーだった

もともとJJは、LAと合併する前はTAM航空という名前で、スターアライアンスメンバーでした。
 
そして、基幹システム(GDS)はAmadeusを利用していました。
 
LAと合併する際に名前は変わったんですが、便名やシステムはそのまま既存のものを利用しており、今回最後まで残っていたのですが、移行に伴いJJ便名のフライトが姿を消すことになります。

今回の移行で変わること

今まで、LAとJJはそれぞれ独立して存在していたんですが、今回の完全移行でJJ便がなくなり、LA便に統一されます。
 
これにより、もともとJJフライトに搭乗する時よりもLAフライトに搭乗した時の方がより多くのマイレージを獲得できていたワンワールドメンバー各社のマイレージプログラムが、JJ便がLA便に統一されることでJJフライトもLAフライトと同様のマイレージ積算率となリます。
 
また、チェックインができるようになるのがこれまでの72時間前から48時間前になります。
 
マイレージに関してですが、これまでは
 
・LA : LATAM Pass
・JJ : MultiPlus
 
という感じで分かれていたのがシステム統合後はLATAM Passに統一され、従来通りMultiPlusへ移行可能となるようです。

まとめ

これで、ワンワールド内のGDSシェアは、
 
・Sabre : 2社(AA, LA)
・Amadeus : 10社(BA, AY, IB, QF, QR, MH, JL, CX, UL, RJ)
・OPENJAW(ITA) : 1社(S7)
 
となりました。
 
Amadeusを利用している航空会社が大半を占めますが、まだまだ謎の多いLAについて、もう少し研究をする必要がありそうです。

ScreenshotGDSとは?

GDSとは?

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By たなか

    もう少し日本にいる日本人に有益な情報を希望します。

    • By par

      コメントありがとうございます^^;
      色々と情報発信できるようアンテナを広げていきます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea