ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)の新しいファーストクラス / ビジネスクラスシート

ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)の新しいファーストクラス / ビジネスクラスシート

ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)は、過去5年間にわたり約束してきた新しいビジネスクラスシートとともに、長距離路線用新ファーストクラスキャビンを先行公開しました。
 
ちょっと氣になったので、調べてみました。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

新しいファーストクラス

LHでは、このシート刷新を「当社の歴史上、プレミアム製品への最大の投資」と表現しています。
 
ネイビーブルーにライトブラウンのパネルと銅製のトリムを配した仕上げです。

LHによると、ファーストクラススイートはほぼ天井までの高さの壁を持ち、プライバシードアが閉まるため、例えばファーストクラスのパジャマに着替える際もプライバシーを完全に守りながら個室の中で着替えることができるようになるそうです。
 
現在、このような高い壁を持つのはエミレーツ航空(EK)のボーイング777-300ER型機のファーストクラスです。

Screenshot

First Class Review : エミレーツ航空(EK) EK319 成田(NRT) – ドバイ(DXB) ファーストクラススイート(First Class Suite)

First Class Review : エミレーツ航空(EK) EK319 成田(NRT) – ドバイ(DXB) ファーストクラススイート(First Class Suite)

新しいファーストクラスでの食事は、格別な体験となるでしょう。
 
大型のダイニングテーブルでは、レストランと同じように、パートナーや同僚と一緒に食事をすることも可能です。
 
各スイートには、身の回りのものを収納できる大型ワードローブはもちろん、「スイートの幅いっぱいに広がる」大型スクリーンによるエンターテインメントシステム、ワイヤレスヘッドフォンなども用意されています。
 
このシートは、2023年半ばからミュンヘン(MUC)を拠点に新たに納入されるエアバスA350機10機に搭載され、デビューする予定です。
 
その後、ルフトハンザが新たに導入するボーイング B777-9型機に搭載されるほか、ボーイング B747-8型機など一部の既存機にも搭載される予定です。
 
2023年以降に導入されるルフトハンザの新型機ボーイング B787-9には、ファーストクラスは設置されない予定です。
 
LHは、ラウンジやフランクフルトのファーストクラスターミナルで素晴らしい地上体験を提供しており、ファーストクラスの食事も非常に評価が高いため、このアップグレードにより、最高のヨーロッパの航空会社のひとつと見なされるようになるはずです。

Screenshot

Lounge Review : フランクフルト空港(FRA) ルフトハンザ・ドイツ航空(LH) ファーストクラスラウンジ(First Class Lounge)

Lounge Review : フランクフルト空港(FRA) ルフトハンザ・ドイツ航空(LH) ファーストクラスラウンジ(First Class Lounge)
Screenshot

First Class Review : ルフトハンザ・ドイツ航空(LH) LH498 フランクフルト(FRA) – メキシコシティ(MEX) ボーイング B747-8

First Class Review : ルフトハンザ・ドイツ航空(LH) LH498 フランクフルト(FRA) – メキシコシティ(MEX) ボーイング B747-8

LHは、新しいファーストクラススイートの詳細と、「ファーストクラスのさらなる革新」について、2023年初頭に発表することを約束しています。

新しいビジネスクラス

ファーストクラスのスイートルームと比較すると、ビジネスクラスはダークブルーとブラウンのカラーパレットに加え、各シートを白いプライバシーシェルで囲むなど、かなり機能的な印象です。

新ビジネスクラスでは、1-1-1、1-2-1のスタッガード配列で、中央部の列には非常に広々とした「王様シート」のオプションがあり、一人旅には十分なスペースとプライバシーが確保されそうです。
 
新ビジネスクラスのシートには、他にも以下のような特徴があります。
 
・17インチ近い機内エンターテイメントスクリーン
・ワイヤレス充電
・ノイズキャンセリングヘッドフォン
・個人所有の機器をBluetoothでエンターテイメントシステムに接続する機能
 
LHでは、元フィリピン航空(PR)のエアバスA350と海南航空(HU)のボーイング B787-9を最近納入し、自社の長距離路線ビジネスクラスより優れた通路直結型ビジネスクラスシートをすでに提供しています。
 

まとめ

今回のLHの公式発表はこちらです。
 
https://www.lufthansagroup.com/en/newsroom/releases/lufthansa-offers-suite-concept-in-first-and-business-class-for-the-first-time.html
LHの新しいファーストクラススイートは、公開された最初のレンダリング画像から、天井までの高さのプライバシーパーティションや開閉可能なドアなど、美しい外観をしています。
 
ビジネスクラスもついに、2-2-2の配列でなくなります。
 
何よりも「王様シート」と1列目のスイートスタイルのオプションが楽しみです。
 
今後数年のうちに試してみたい製品であることは間違いなさそうです。
 
さて、(NHではない)マイレージを準備しますか。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA