セルビア・ベオグラードにあるホテルチェーンまとめ

セルビア・ベオグラードにあるホテルチェーンまとめ

旧ユーゴスラビアの一部だった、東ヨーロッパのセルビア。
 
2021年3月現在、セルビアは隔離なしで入国できる数少ない国の一つです。
(入国前48時間以内のPCR検査陰性証明が必要)
 
もしかしたら2021年に訪れることになるかもしれない・・・ので、備忘録も兼ねて、ホテルチェーンの一覧と参考価格を残しておきたいと思います。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

ホテルチェーンまとめ

2021年3月現在、セルビアの首都・ベオグラードにある外資系ホテルチェーンと参考宿泊価格は以下の通りとなっています。

ここをタップして表示Close
ホテルチェーン ホテル 参考価格
アコーホテルズ Mercure Belgrade Excelsior JPY8,000
アコーホテルズ Mama Shelter Belgrade JPY12,000
ヒルトン Hilton Belgrade JPY16,000
IHG Crowne Plaza Belgrade JPY13,000
IHG Holiday Inn Belgrade JPY8,000
IHG Holiday Inn Express Belgrade City JPY5,000
IHG Hotel Indigo Belgrade JPY15,000
マリオット Metropol Palace, a Luxury Collection Hotel
(カテゴリ3)
JPY11,000
マリオット Courtyard Belgrade City Centre
(カテゴリ2)
JPY14,000
マリオット Sheraton Novi Sad
(カテゴリ3)
JPY9,000
ハイアット Hyatt Regency Belgrade
(カテゴリ1)
JPY17,000
ハイアット(SLH) SAINT TEN HOTEL
(カテゴリ4)
JPY25,000

このうち、IHGのHotel Indigoは2021年6月オープン予定です。
 
基本的に、宿泊料金は安め。
 
特に、ハイアットリージェンシーはカテゴリ1なので5,000ポイントで宿泊が可能です。

まとめ

今は、国によっては日本帰国時に3日間強制隔離を余儀なくされる国が増えているのですが、セルビアはその国のリストには入っていません。
 
比較的容易に訪れることができる貴重な国の一つなので、何か仕事を探して訪れてみたいと思っています。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea