ヒルトンのラグジュアリーブランド・LXRがアブダビにオープン予定

ヒルトンのラグジュアリーブランド・LXRがアブダビにオープン予定

ヒルトンの独立系高級ホテルで構成されるLXRブランドは、アラブ首長国連邦・アブダビのプライベート・アイランドであるアル・ナウラス島に、豊かな緑と素晴らしい景観に囲まれた非常にユニークな新リゾートの建設契約を締結したことを発表しました。
 
日本においても、京都にLXRブランドのホテルが2021年にオープンしたので、その名前を知っている方も多いでしょう。
 
アブダビにできるLXRはどのようなものか、少し調べてみました。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

アブダビのLXR

LXRホテルズ&リゾーツは、2023年にホテルをオープンさせますが、LXRブランドはアブダビ初の進出となります。
 
このリゾートは、人里離れたプライベートな島で特別な時間を過ごすことができる一方、活気ある都市やその文化的体験を求める人々にはシームレスなアクセスを提供します。
 
全室ヴィラタイプのこのリゾートには、広々としたエレガントなデザインのビーチヴィラ、水上ヴィラ、そして最先端のゴルフコースを囲む450平方メートルの2ベッドルームのロイヤルヴィラが80棟用意される予定です。
 
ヒルトン・ポイントを貯めておく価値のありそうなホテルですね。

LXRについて

LXRホテルズ&リゾーツはヒルトンの独立した施設のコレクションで、2018年にヒルトンのラグジュアリーブランドに新しく加わりました。
 
ドバイ、ロンドンなどに展開しています。
 
LXRは、厳選された独立系ラグジュアリーホテルであり、ユニークかつその土地の文化を存分に体験できるよう設計されたホテルで、ヒルトンの特典も利用可能です。
 
独立系ホテルのコレクションとして、一人ひとりの宿泊客に合わせてパーソナライズされたおもてなしに加え、他では味わえない極上のラグジュアリー体験を冒険心に満ちたお客様に提供します。
 
・・・というホテルコンセプトを持っています。

まとめ

ヒルトンの公式発表はこちらです。
 
https://newsroom.hilton.com/lxr/news/lxr-hotels-resorts-to-debut-in-abu-dhabi
 
LXRはどのホテルもそれぞれ特色があり、「どこへ行っても同じ」というヒルトンブランドとは一線を画しています。
 
アブダビはもちろんドバイやロンドン、京都のLXRも氣になりますが、「リゾート」や「ビーチ」というキーワードには全く響かないので滞在はもうちょっと先になりそうです。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA