マリオットのベストレートギャランティルールが改善

マリオットのベストレートギャランティルールが改善

ユーザー取り込みのために(ポイントシステムの改善改悪を含め)積極的に色々と試みを行っているマリオットですが、今回は改善がありました。
 
ベストレートギャランティに関して、よりお得にキャッシュバックが受けられるオプションができたので紹介します。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。

ベストレートギャランティについて少々

各ホテルチェーンによってベストレートギャランティのルールは異なりますが、マリオットの場合、
 
・マリオット公式ページで予約を行った後24時間以内に他のホテル予約サイトで予約した料金よりも安い料金で予約ができるのを見つけた場合、
 
・リクエストフォームから申請をすることで、その安く表示されていた料金の25%を返金します
 
というものです。
 
例えば、あるホテルがマリオット公式ページだとJPY10,000で販売されており、それを予約した後24時間以内にエクスペディアでJPY8,000で販売されていた場合は、
 
JPY8,000 x 25% = JPY2,000
 
の返金が受けられることになります。
 
宿泊料金は結果的に、
 
JPY8,000 – (JPY8,000 x 25%) = JPY6,000
 
になるイメージですね。

差額返還に新しいオプションが

上記条件に当てはまるケースを見つけた場合、普通にこのページにあるリクエストページから申請をすると25%オフとなりますが、
 
http://www.marriott.co.jp/help/hotel-price-faqs.mi
 
こちらのフォームから申請をすると、5,000ポイント獲得のオプションがあります。
 
http://www.marriott.com/look/claimForm.mi
 
こんな感じです。

今回の改善は、ベストレートギャランティのキャッシュバック方法が選択できるようになった、ということです。
 
それでは、どちらの選択肢を利用した方がお得なのか、考えてみましょう。

どちらを選択するのが得なのか

マリオットのポイントは1,000ポイントあたりUSD12.5で購入できるので、1ポイントあたりJPY1.3くらいです。
 
なので、25%オフの金額が
 
JPY1.3 x 5,000ポイント = JPY6,500
 
を下回るのであれば、5,000ポイントを選択した方が得、ということになりますね。
 
安いホテルに宿泊する際にベストレートギャランティが利用できる場合、5,000ポイントを獲得できるようになったということは改善と言ってよいでしょう。

まとめ

他のホテルチェーンがベストレートギャランティに関するルールを改悪し続ける中、マリオットは流れに逆行している形で改善を行いました。
 
SPGとのポイントシステムでこれから上級会員の制度がどのように変わるのか注目のマリオットですが、これからも注目するべきホテルチェーンであることは間違いないですね!
 
現在ハイアットライフタイム修行を行っていますが、ハイアットがない都市に滞在するときは、マリオットも積極的に選択肢の一つとして検討していきたいと思います 😉

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)