Hotel Review : ラマダプラザ 上海浦東空港(Ramada Plaza Shanghai Pudong Airport)

Hotel Review : ラマダプラザ 上海浦東空港(Ramada Plaza Shanghai Pudong Airport)

ちょっとイギリスへ行く際に、上海(PVG)で前泊をしたのですがウィンダムグループの
 
ラマダプラザ 上海浦東空港
 
へ滞在しました。
 
いつもの通りWifiのスピードチェックを行います。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

ホテル概要

ラマダプラザ 上海浦東空港は、上海浦東空港(PVG)からシャトルバスで5分くらいのところにあるホテルです。
 
空港から、専用のシャトルバスが出ています。
 
日本航空(JL)が着陸するターミナル1は、到着出口9番近くに専用のバス停があります。

こんな感じのバスがやってきます。

 
バスの時刻表は、こちらのページをご覧ください。
 
http://www.ramadaairportpd.com/en/page.html?id=1723
 
ロビーはこんな感じ。

メンバー専用のチェックインカウンターには、誰もいません。

事前にダイヤモンドメンバーへのステータスマッチをしておいたので、コーナースイートルームを用意しておいてくれました。

Screenshotウィンダムホテルグループがステータスマッチ/チャレンジやってます

ウィンダムホテルグループがステータスマッチ/チャレンジやってます

用意してもらった部屋は、こんな感じです。

ビジネス向けの机もあります。

ユニバーサル仕様のコンセントがあるので、とても便利です。





ミニバーです。



バスルームにはバスタブがあり、シャワースペースはガラスで仕切られています。

シャワースペースのすぐ隣にトイレがあります。


アメニティグッズは結構充実していました。

部屋の中の様子を、動画に収めてみました。

WiFi接続方法

RAMADA-HotelというSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。

ホテルで渡されるパスワードを入力したら、接続完了です。

通信速度計測結果


上り 5.50Mbps
下り 3.24Mbps
 
アクセスできないサイトの問題以外は、普通に利用できました。
 
一手間加えるのに、ちょっと手間がかかりましたかね。

まとめ


シャトルバスは20分おきに来るのですが遅れることもしばしばあるようです。
 
全体的には、問題ありませんでした。
 
ルームサービスでカルボナーラを頼んだらアラビアータが出てきたりしましたが、恐らくこれが最初で最後の滞在となるのでまぁよしとしましょう^^;

今回写真撮影に利用したカメラとレンズ


カメラ :
Leica T シルバー Typ 701
 
iPhone
 
レンズ :
Leica Leitz ELMAR 50mm F2.8 ライカMマウント シルバー
レンズアダプタ :
LEICA T用 Mレンズアダプタ
接写リング :
ライカ Mマウント接写リング OUFRO 16469

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)