アコーとパリ・サンジェルマン(PSG)のPVに出演させていただきました!

BAライフタイム・ゴールドメンバーシップへの道#109(那覇(OKA) – 石垣(ISG)往復、那覇(OKA) – 宮古(MMY))

BAライフタイム・ゴールドメンバーシップへの道#109(那覇(OKA) – 石垣(ISG)往復、那覇(OKA) – 宮古(MMY))

先日沖縄へ行った際、初めて那覇(OKA) – 離島の間を往復しました。


4区間を1日で搭乗したわけですが、ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)に加算したのはそのうち3区間。
 
残りの1区間は、別の目的があって別の航空会社へ加算しています。
 
初めてのことが結構多かった離島フライトのレビューをしたいと思います。
 
日本人初のBordingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。
[toc]

OKA – ISG往復

チェックインはOKAで4区間分済ませてしまいます。
パソコンの画面
チェックイン後、以前から行ってみたいと思っていたゲート28付近のサクララウンジANNEXへ行ってみました。
 
あまり知られていないので静かなラウンジです。

Screenshot

Lounge Review : 那覇空港(OKA) 日本航空(JL)サクララウンジANNEX

Lounge Review : 那覇空港(OKA) 日本航空(JL)サクララウンジANNEX

時間が来たので、搭乗ゲートへ向かいます。
店の天井から掛けている男性
離島フライトではありますが、ISG線はボーイング B737-800。
グラフィカル ユーザー インターフェイス, Web サイト
 
機材登録番号は、JA12RK
 
2019年から運用されている機材です。
 
座席は、こんな感じ。
車の座席に座っている
日本トランスオーシャン航空(NU)の運航で、機内も南国感が漂います。
 
クラスJ搭乗者には充電バッテリーの貸し出しがあるそうですが、これは県外のフライトのみだそうです。
グラフィカル ユーザー インターフェイス, Web サイト
石垣方言での挨拶がありました。
 
飲み物提供は、ありません。
 
1時間くらいのフライトで、ISG到着。
 
おにぎりとコーヒーを買って、またすぐに飛行機に乗り込みます。
壁に掛けられた看板

WiFi接続方法

gogoflightというSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。
Invalid request error occurred.
ブラウザを開くと、こんな画面が出てきます。
Invalid request error occurred.
「無料インターネット接続」をタップ(クリック)します。
Invalid request error occurred.
初めて利用する際は、登録が必要となります。
Invalid request error occurred.
詳細を確認して、「登録」をタップ(クリック)します。
 
簡単な文字認証(数字を入力)を済ませて、以下の画面が出てきたら接続完了です。
Invalid request error occurred.

通信速度計測結果

グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション
上り 6.96Mbps
下り 4.56Mbps
 
スムーズに利用でき、快適にインターネットができました。
 
仕事も捗ります。

OKA – MMY

OKAへ戻ってきて、ラウンジへは寄らずにMMY行きの搭乗ゲートへ向かいます。
モニター画面に映る文字
沖停めのため、バスで向かいます。
 
途中で、A350を見ることができました。
a plane on a runway
空港で駐車した飛行機

今回も、ボーイング B737-800機材。
グラフィカル ユーザー インターフェイス
機材登録番号は、JA09RK
 
2018年から運用されている機材です。
 
座席は、こんな感じ。
人の足
車の中の電子レンジ
スーツケースの上に置かれている
こちらは、宮古方言での挨拶がありました。

WiFi接続方法

通信速度計測結果

グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション
上り 8.27Mbps
下り 4.36Mbps
 
こちらも快適にインターネットができました。

これまでの運賃累計とTP単価

航空券総額 獲得TP累計 平均TP単価
JPY3,011,130 11,965 JPY251.66

ライフタイムゴールドメンバーまで、あと

 
24,035ポイント
 
 
 
日本で修行をする者として、一度はやってみたかった離島往復。
 
ISGはSFC修行で来て以来のタッチ、MMYは初めて訪れました。
 
いずれの空港もラウンジがありませんが、タッチをするのであれば搭乗ゲートの椅子で十分ですね。
 
 
 
2020年は特殊な年で、BAも1年間ステータスの延長を発表していましたが敢えてフライトを重ね、ステータス延長に頼らず自力でコンコルドルームへ入るのに必要なティアポイントを重ねることができました。
(必要TP数が25%減となっていますが)
 
実はこの離島フライトのティアポイントが加算されない、というトラブルがあり少し焦りましたが、BA日本支社のスタッフの方のステキな対応により、急ぎでティアポイントを加算してもらい、なんとか基準日までに必要なティアポイントを加算することができました。
 
ゴールドゲストリストの依頼・リクエストは、最優先で処理されるそうです 🙂
 
 
また来年フライトを重ねる訳ですが、こんな状況でもBA4区間を達成する方法を会員制クラブ
 
BA Lifetime Membership Club
 
の中で解説しています。

Screenshot

BA Lifetime Gold Membership Clubのご案内

BA Lifetime Gold Membership Clubのご案内

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)