BAライフタイム・ゴールドメンバーシップへの道#30(SDJ – X/ITM – FUK)

BAライフタイム・ゴールドメンバーシップへの道#30(SDJ – X/ITM – FUK)

福岡での一歩先を行くシークレットセミナー開催のため、JAL(JL)を利用して福岡(FUK)へ行きました。
 
仙台(SDJ)からFUKまでの直行便はあるのですが、あえての伊丹(ITM)乗り換えです。
 
AviosハンターのPAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke)です。

搭乗記

SDJ – ITM

SDJ – ITM間は、エンブラエルのE190です。
 
自分のBA修行の大事な路線の一つ。
 
残念ながらWiFiは利用できませんが、機内前方の1 – 2の配列になっている部分の1人席に座るのが好きです 🙂

ITM – FUK

ITMで少し乗り継ぎ時間がありましたが、サクララウンジ内で少し作業をして、ITMに来たらだいたい食べているインディアンオムライスを食べて、FUK行きのフライトに乗り込みます。
 
しかし、ここで想定外の遅延。

開催時間には間に合うように十分な時間を取ってフライトの予約をしましたが、30分遅れで出発しました。
 
こちらも、機材はエンブラエルのE190です。

なんとかセミナーの開催には間に合うくらいの時間に到着。
 
今回は手荷物を預けたのですが、手荷物が出てくるまであれだけソワソワしたのは初めてくらいでした^^;
 
そして、無事にセミナーを終えることができました。

今回のフライトで獲得したAviosとTier Points

ここをタップして表示Close
フライト Avios
SDJ – ITM 534Avios(336Avios + 50%ボーナス 198Avios)
ITM – FUK 391Avios(246Avios + 50%ボーナス 145Avios)

集まった都道府県シール

これまでの運賃累計とTP単価

ここをタップして表示Close
航空券総額 獲得TP累計 平均TP単価
JPY358,529 2,355 JPY152.24

遂に、ゴールドメンバーです。
 
長かったような、あっという間だったような。
 
一瞬、1,500ポイント貯まっているにもかかわらずシルバーメンバーの表示である時間帯があります。
(数時間程度)

PARからの提案

今回、はれてBAゴールドメンバー(ワンワールドエメラルド)になれましたが、ゴールドメンバーにになるためにかかった費用は、単年でJPY240,000くらいです。
 
色々実験しながらのフライトだったのでこのくらいかかりましたが、うまくやればJPY200,000以下で取得することも可能だと思います。
 
JLのダイヤモンド維持の費用と比べても、遜色ないかなと思います 🙂
 
そこで、少ないコストでBAゴールドメンバー(ワンワールドエメラルド)、ひいてはライフタイムゴールドメンバーを目指すための有料会員制クラブ
 
BA Lifetime Gold Membership Club
 
を開設しました。
 
このクラブでは、PARが実践して来た、少ないコストでゴールド会員になるためのティアポイントを獲得する方法を内容盛りだくさんでお伝えすると共に、PARがBA修行計画をあなたのライフスタイルに合わせて提案させてもらいます。
 
お申し込みいただいた方のために、たくさんの特典を用意しています。
 
詳しくは、こちらのページをご覧ください。
 
https://voyageavance.global/ba-lifetime-gold-membership-club-description
 
あなたも、PARと共にBAライフタイムゴールドメンバーを目指しませんか? 🙂

ライフタイムゴールドメンバーまで、あと

 
32,645ポイント
 
これで終わりではありません。これから何年もかけて、残りの32,000ポイント以上を消化していくことになります。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA