A Stockholm Travelogue : Walking around city(2021年9月ストックホルム旅行記)

A Stockholm Travelogue : Walking around city(2021年9月ストックホルム旅行記)

イタリアで仕事を行った後、スウェーデン・ストックホルムへ立ち寄りました。
 
ストックホルムは、タッチで訪れただけだったので、今回初めて市内へ移動して、街歩きをしてみました。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

ARN着

ニース(NCE)からパリ(CDG)を乗り継ぎ、ストックホルム空港(ARN)へ。
 
18.00頃に到着しましたが、無駄に空港と市内の間を1往復してしまい、ホテルに着いたのは日付が変わった午前1時頃。

ストックホルム市内を散策

今回の宿泊地は、ハイアット・Joie de Vivre(JdV)ブランドのStory Hotelです。

Screenshot

ハイアット ライフタイムグローバリストへの道#73(Story Hotel Signalfabriken, part of JdV by Hyatt)

ハイアット ライフタイムグローバリストへの道#73(Story Hotel Signalfabriken, part of JdV by Hyatt)

外に出て、市内へと歩いて行きました。








今回は、主にクロワッサンの食べ歩き。


あちこちで、結局1日に5つ食べました。


クロワッサンはフランスに近い味で、全般的に美味しかったです。


途中、壊れてしまったスマートフォンの画面を直してもらいました。


翌日、日本へ戻るためコペンハーゲン(CPH)へ向かいました。

Screenshot

Business Class Review : スカンジナヴィア航空(SK) SK1419 SK983 ストックホルム(ARN) – X/コペンハーゲン(CPH) – 羽田(HND) 機内食はヴィーガンミール(VGML)

Business Class Review : スカンジナヴィア航空(SK) SK1419 SK983 ストックホルム(ARN) – X/コペンハーゲン(CPH) – 羽田(HND) 機内食はヴィーガンミール(VGML)

ストックホルム市内の移動手段

ストックホルム市内の交通手段は、バス・電車・地下鉄・トラムがあります。
 
24時間有効なチケットを購入すると便利です。


地下鉄は、ICチップ入りのクレジットカードならそのままタッチして乗ることができますが、都度の精算となるので1日券程お得にはなりません。

まとめ

ストックホルム、9月に初めて訪れましたが季節はもう冬に近い秋。
 
気温10度でした。
 
ニースから来たので長袖シャツ1枚しかなく、寒さに耐えられず現地でジャケットを調達。
 
スウェーデンは高負担高福祉国家で、移民に対しても平等の社会福祉制度があります。
 
移民が多いのですが、ヨーロッパの中では差別の少ない国家と言われています。
 
本当かどうなのかは1度訪れただけではわかりません。
 
 
タクシーに乗った時に、運転手の方から「どこから来たのか」と聞かれ、「日本からです」と答えたところ、「日本はとても尊敬している」と言われました。
 
リップサービスなのかどうかはわかりませんが、言われて嫌な氣はしないですよね。
 
その評判を落とさないよう、海外での身の振る舞い方も注意しようと思いました。
 
 
そして、街の外でも電車の中でも建物の中でもマスクを着用している人は皆無。
 
一歩先を行っているな、と感じました。
 
もう一度、訪れたい街です。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA