Hotel Review : スイスホテル ブエユク エフェス イズミール ビジネススイート(Swissôtel Büyük Efes İzmir Business Suite Room)

Hotel Review : スイスホテル ブエユク エフェス イズミール ビジネススイート(Swissôtel Büyük Efes İzmir Business Suite Room)

海外出張で、トルコ第3の都市・イズミールを訪れました。
 
その際、アコーホテルズの修行も兼ねて
 
スイスホテル ブエユク エフェス イズミール
 
に宿泊しました。
 
部屋のレビューです。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

ホテル概要

スイスホテル ブエユク エフェス イズミールは、イズミール空港(ADB)からタクシーで30分くらい。
 
イズミールのタクシーはクレジットカードが使えないことが多いので、注意しましょう。

ロビーは、こんな感じです。





今回も硬度10ダイヤモンドパワーで黙っていても2部屋スイートルームにアップグレードしてくれました。

部屋

スイートルームの部屋の中は、こんな感じです。

ウェルカムフルーツとワインが置いてありました。



サニタリーグッズです。



大きな机があります。


ベッドの枕は、いつものスイスホテルデザイン。



バスルームです。







ラウンジ

ラウンジというか、9階のバーでカクテルタイムを楽しむことができます(18.00 – 20.00)。



カクテルタイムとして利用しているので、この中から、好きな食べ物を選ぶことができます。

noodleを注文してみましたが、どちらかというと焼きそばのイメージでした(写真は撮り忘れました)。

振舞われているワインです。


※参考価格

レストラン

朝食は、レストランでいただきます。

週末に宿泊したので、無料でいただくことができます。

こちらのホテルも、充実した朝食でした。








コーヒーは、ちゃんと淹れてくれたものでした。

スクランブルエッグ

ホテルに宿泊した際、必ず食べるのがスクランブルエッグ。
 
各ホテルで食べ比べを密かにしているのですが、食に関しては(原材料や産地以外)全く興味のない自分が、個人的に採点してみたいと思います。
 
スイスホテル ブエユク エフェス イズミールのスクランブルエッグは、こんな感じ。
(写真の出来は無視してください)

シンプルな味付けで、素材の味が生きていました。
 
エッグステーションでふわふわに作ってくれました。
 
 
4 out of 5

クロワッサン

マルセイユのソフィテルで食べたクロワッサンがあまりにも美味しすぎて忘れられず、クロワッサンもホテル毎に食べ比べをすることにしました。

ScreenshotHotel Review : ソフィテル マルセイユ ビューポール (Sofitel Marseille Vieux-Port) オペラスイート(Opera Suite Room)

Hotel Review : ソフィテル マルセイユ ビューポール (Sofitel Marseille Vieux-Port) オペラスイート(Opera Suite Room)

スイスホテル ブエユク エフェス イズミールは、こんな感じです。

サクサクして、バター風味もあり、しっとりしていました。
 
美味しかったです。
 
 
4 out of 5

ミューズリー

ホテルに宿泊する際にもう一つ必ず食べるものがありますが、それがミューズリーです。
 
ホテルによっては置いていないところもありますが、それでもとりあえず聞いてみることにしています。
 
スイスホテル ブエユク エフェス イズミールのミューズリーは、シリアルに自分で豆乳をかけるスタイル。

家でもできそうです。
 
ドライフルーツとナッツがゴロゴロ。
 
 
2 out of 5

WiFi接続方法

SWISSOTELというSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。
 
部屋番号と名字を入力します。


以下の画面が表示されれば、接続完了です。

通信速度計測結果


上り 32.35Mbps
下り 24.99Mbps
 
とても高速で、快適に利用できました。

まとめ


やっぱり、大きな机があるといいですね。
 
スイスホテルではいつも美味しいミューズリーを食べられる印象があったので今回は残念でしたが、JPY10,000くらいの宿泊料金だったので十分に利用価値のあるホテルだと思います。
 
受付には、日本語を少し話す人がいました。
 
勉強中とのことで、こちらから日本語で話しても通じません。
 
トルコは親日国ということで、日本語を話す人がちらほらいます。
 
嬉しいですね。

今回写真撮影に利用したカメラとレンズ


カメラ :
 
iPhone
 
SONY VLOGCAM

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea