イギリス・列車の旅(Leeds – York – Newcastle) by Virgin Trains East Coast

イギリス・列車の旅(Leeds – York – Newcastle) by Virgin Trains East Coast

イギリス帰省中に、妻と1日だけ2人で過ごせる日があったので、リーズからヨークとニューカッスルへ行くことにしました。
 
今回は飛行機ではなく、電車での旅です。
 
事前に、ヴァージン・トレインズ・イーストコースト(Virgin Trains East Coast)の予約をしておきました。

Screenshotヴァージン・トレインズ(Virgin Trains)に乗ってヴァージン・アトランティック航空(VS)のマイレージを獲得する

ヴァージン・トレインズ(Virgin Trains)に乗ってヴァージン・アトランティック航空(VS)のマイレージを獲得する

電車の中とそれぞれの街の様子を紹介します。
 
​日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。

リーズ(Leeds)


Leeds駅前は、こんな感じ。



いつも通り、どんより曇っています。

駅の中です。




Leeds駅のスターバックス。


予約をしておいたチケットは、YorkからNewcastleまで。
 
LeedsからYorkまでは、当日券を購入します。
 
電車だと、20分くらいです。

駅の中には、2つ購入する場所があります。
 
一つがVirgin trainsの券売機で、

もう一つがNational Rail。

Virgin trainsで購入する方が、より安くチケットを購入できます。
 
時間帯によるのかもしれませんが、同じ電車に乗るのに、不思議ですね。

改札を抜けて、プラットフォームへ。





Leeds – York間は、Transpennine Expressを利用。


車窓から見る、ヨークシャー地方の風景。

Yorkに着きました。

ヨーク(York)

York駅構内です。



Virgin Trainsも数多く見ることができます。






そして、Virgin Trainsの広告も。

駅を出て、旧市街へと向かいます。











そして、この日のお目当ての一つである、伝統ある喫茶店、Bettysへ。





お菓子や紅茶を売っている場所と、カフェが分かれています。


クリスマスが近いこともあり、クリスマス用のメニューがありました。

英国式注文方法

ここで英国式(特にこういった喫茶店で)のオーダー方法を伝授します。
 
日本のように、手を上げてウェイターを呼んではいけません。
 
これは、失礼にあたります。
 
ではどうすればいいのかというと、
 
メニューを置いて、静かに待つ
 
のが正解です。
 
メニューがテーブルにあることが、「注文するのを待っている」というサインになるんですね。
 
しばらくすると、ウェイターが来てくれます。
 
それでも忙しくてなかなか来ない時は、ウェイターが近くに来た時に”Excuse me.”と声をかけましょう。
 
これが、英国式です 🙂

そうして頼んだ、ミルクティー。

それと、午前中だったので朝食としてエッグベネディクトとフルーツヨーグルトを注文しました。

美味しい朝食をいただいた後は、お土産(紅茶)を買いました。
 
満足した後、市内を散策。
 
クリスマスマーケットが開催されていました。



そしてYorkのもう一つのスポット、”Shambles”へ向かいます。


ここは、「ハリーポッター」に出てくる町のモデルにもなったところで、古い建物にお店が入っています。




ここで、”Barbour”のコートを購入しちゃいました。
 
税金も帰ってくるし、日本で買うよりも安く購入できたと思います!
 
もう一つ、カフリンクもお買い上げ。

これは、ヨークシャー州の州花である白バラをモチーフにしたカフリンクです。
 
ちょっとのんびりしてたらNewcastleへ向かう電車の時間が迫っていたのでかなり急いで駅へ向かい、何とか間に合いました。
 
ここからは、Virgin Trains East Coastで予約していた電車に乗ります。



予約した通り、電源がある席に座ることができました。


事前にチケットを予約すると、WiFiを(無制限で)利用することができます。

Wifi接続方法

VirginTrainsEC-WiFiというSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。

その後表示される画面で、メールアドレスと氏名などを入力して登録をする必要があります。




パスワードは、ビジネスクラスに搭乗する場合は事前にメールで送られてきます。
 
あらかじめメモをしておき、次に表示される画面で入力しましょう。

パスワード入力後、以下のような画面が出たら接続完了です。

通信速度計測結果


上り 10.55Mbps
下り 0.91Mbps
 
ちょっと数字は遅そうですが、全く問題なく利用できました。
 
LeedsからYork、YorkからNewcastleの間の電車のアナウンスを風景と共に動画に収めてみました。

そして、Newcastleに着きました。

ニューカッスル(Newcastle)


Newcastleの駅にも、ヴァージン・トレインズ イースト・コースト(Virgin Trains East Coast)の広告が至るところにあります。

いちいちオシャレです。
 
車両の中では、2018年から運行される「あずま(AZUMA)」の広告もあります。

ただの電車ではなく、”AZUMA”だそうです^^;

Screenshotイギリスの電車「あずま」に乗ってヴァージン・アトランティック航空(VS)のマイレージを貯めよう

イギリスの電車「あずま」に乗ってヴァージン・アトランティック航空(VS)のマイレージを貯めよう



駅を抜けて、市街地へ。





ヒルトングループの、Hamptonもありました。

さらに歩いて、ステキな街並みを散策。



途中で、大好きな本屋であるWaterstonesがあったので、中に入り本を見つつ、併設されているカフェで小休止。



ここでは、ちょうど壊れていて買い替えが必要だった折り畳み傘を購入。

妻曰く、同じイングランドでも「Newcastleの英語はアクセントが違う」んだそうです。
 
非ネイティブの自分にはほとんどわかりませんでしたが、例えて言うなら大阪弁と広島弁くらいの違いでしょうか。
 
この違いさえも聞き取れるようにならないとですね。

帰りはファーストクラス


そんなこんなで、帰る時間になりました。
 
帰りの列車は、ファーストクラス(1等車)を予約していたのでラウンジへ入ってみました。






充電できる端末も置いてあります。

そして、ファーストクラスに乗車します。

座席は、こんな感じ。

とてもゆったりしています。


そしてなんと、ファーストクラスでは軽食を摂ることができます。
 
ファーストクラスのメニュー。


その中にも、あずま(AZUMA)に関してウィットに富んだジョークが。
 
いいですね!
 
暖かい食べ物も食べることができますが、自分は軽いものにしました。


もちろんコンセントが付いていて、

Wifiを利用することができます。

通信速度計測結果


上り 14.28Mbps
下り 0.57Mbps
 
帰りの電車も、全く問題なし。
 
ゆったりとくつろいで、Yorkへ着き、またLeeds行きの電車へ乗り換えて家へ戻りました。


まとめ


いずれの街も、とてもステキな街でした。
 
特にNewcastleは、ヒースロー(LHR)からBA便が就航しているので、今度は空路で来てみたいですね。
 
ちなみに、列車に乗った後にVSマイレージが貯まっていました。

ファーストクラスは、普通の電車と£4しか違わず、軽食が出てゆったりと過ごすことができます。
 
オフピークの電車は狙い目だと思います!

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)