カンタス航空(QF)のマイレージを利用してチャイナエアライン(CI)のフライトが予約できるようになりました

カンタス航空(QF)のマイレージを利用してチャイナエアライン(CI)のフライトが予約できるようになりました

今度オーストラリアへ行くことにしたのでちょっとだけ注目しているカンタス航空(QF)のマイレージプログラムですが、ちょっと意外な使い方ができるようになりました。
 
以前から共同運航便で提携をしていた、チャイナエアライン(CI)のフライトが予約できるようになったんです。
 
アライアンスを越えた提携がまた一つ誕生したので、ちょっと深掘りをしてみたいと思います。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

今回できるようになったこと

QFとCIは、2014年から共同運航便での提携を行っていました。
 
オーストラリア各地から台北(TPE)へ運航しているCIフライトに、QF便名が付いています。
 
今まで、QF便名の付いたCIフライトに搭乗するとQFマイレージを獲得することができましたが(CI便名ではダメです)、貯まったQFマイレージを利用してこれらのQF便名の付与されているCIフライトに搭乗ができるようになりました。
 
路線は、シドニー(SYD)、メルボルン(MEL)、ブリスベン(BNE)と台北(TPE)を結ぶ路線。
 
必要マイレージ数ですが、
 
・ビジネスクラス片道65,000ポイント
・プレミアムエコノミークラス片道52,500ポイント
・エコノミークラス片道35,000ポイント
 
となっています。
 
そこまでお得、という訳ではありませんが、CIの最新機材であるエアバス A350やボーイング B777に搭乗することができます。
 
繁忙期でも、必要マイレージ数は変わりません。
 
また、QFとCIはアライアンスが異なるので、QF(ワンワールド)のステータスを持っていたとしてもTPEのCIラウンジへ入れる訳ではありません。
 
TPEのラウンジへ入るにはビジネスクラスに搭乗するか、CI(スカイチーム)のステータスを持っている必要があります。

Screenshotスカイチームの航空会社ラウンジを使い倒したい!(TPE)

スカイチームの航空会社ラウンジを使い倒したい!(TPE)

まとめ

ではQFマイレージはどうやって貯めるのか、ですが、過去の投稿で少し述べています。

Screenshotカンタス航空(QF)のマイレージあれこれ

カンタス航空(QF)のマイレージあれこれ

後は、QFマイレージのサイトはワンワールド系の特典航空券空席状況をざっくり調べるのに適しています。

Screenshot特典航空券の空席状況を調べるには(ワンワールド編)

特典航空券の空席状況を調べるには(ワンワールド編)

CIにはしばらく搭乗していませんが、スカイチーム修行でお得な路線があったりするのでスカイチーム修行の時に利用しようかな、と思っています。

Screenshot永久上級会員セミナー(スカイチーム編)動画のご案内

永久上級会員セミナー(スカイチーム編)動画のご案内

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea