カンタス航空(QF)の上級会員資格ポイントは「買い足し」が可能

カンタス航空(QF)の上級会員資格ポイントは「買い足し」が可能

だいぶ限られた方への情報になってしまいますが、カンタス航空(QF)の上級会員資格維持にあと少し足りない、というような場合、「買い足し」をすることがで資格を維持することができます。
 
その条件などを紹介します。
 
​日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。

QFからオファーが来る!

一度QFの上級会員になり、そろそろ有効期限が切れそうだけど資格維持のためのポイントが足りない、という場合に、QFからの
 
paid retention
 
というプランのオファーによって救済されることがあります。
 
QF上級会員であるための資格は、ゴールド会員(= ワンワールドサファイア)は600ポイント、プラチナ会員(= ワンワールドエメラルド)は1,200ポイントそれぞれ必要なのですが、QFから連絡が来た場合、足りないステータスポイントを保有しているQFマイレージで穴埋めができるんです。
 
実際にオファーが来た人は、ゴールド会員の維持まであと400ポイント近く足りない状態だったんですが、80,000マイルと交換にもう1年ゴールド会員の維持をしないか、というオファーを受けたそうです。
 
またある人は、プラチナ会員まであと半分ポイントが足りない状態で、100,000マイルでプラチナ会員になれる、というオファーがあったそうです。

オファーの内容は人それぞれ

この例のように、QFは上級会員一人一人のステータスポイントの取得状況や搭乗頻度、保有しているマイレージ数に応じて条件を変えて、会員へオファーをしているようです。
 
もちろん、すべての人がオファーを受けられるとは限りません。

オファーを受ける価値はあるのか?

例えば、80,000マイル払えばゴールド会員を1年間延長できる、というのはどうなのでしょう?
 
払う価値があると言えるのでしょうか?
 
QFは上級会員ではなくともラウンジへ入ることができる権利を、78,000マイルで「販売」しています。
 
この事を考えると、ラウンジだけでなく優先搭乗その他の特典も受けることができるQF上級会員は、オファーを受けても良い、ということになりそうです。
 
同様に、100,000マイルでプラチナ会員を維持できるというのも、魅力的なオファーと言えます。
 
ワンワールドエメラルド会員の特典が受けられる他、もし次の年にプラチナ会員維持のためのポイントを取得できなかった場合でも、ゴールド会員に格下げされるため、引き続きラウンジなどは利用できるからです。

まとめ

このオファーは、1回以上QFの上級会員になった人でないと、受けることができません。
 
当たり前といえば当たり前ですが^^;
 
QFマイレージは年間60,000マイルまで購入することができますが、1マイルあたりのなかなか単価はお高めなのでオファーを待つために購入するのはちょっと得ではないかもしれません。
 
日本に住んでいる場合はなかなかQFマイレージの獲得は難しいですが、もしあなたがQFの上級会員で、そろそろ期限が切れそうな場合逆に、こちらから提案をしてみてもいいかもしれないですね。

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)