A Nice travelogue(2018年5月)

A Nice travelogue(2018年5月)

2017年12月に7年ぶりにフランスのニースを訪れてから、
 
毎年必ずニースに来る!
 
と決めたのですが、その約束を果たすためにまたニースに戻って来ました。
 
今回は、なるべく前回とは異なるところへ行き、ニースの魅力をお伝えできるよう色々見て歩いて来ました。
 
​日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

行きのフライト

今回は、ウクライナ出張の帰りに、少しニースに立ち寄った感じです。
 
ウクライナのキエフ(KBP)からニース(NCE)まではブリティッシュ・エアウェイズ(BA)を利用しました。

ScreenshotBusiness Class Review : BA883(KBP – LHR)

Business Class Review : BA883(KBP – LHR)
Screenshotロンドンヒースロー(LHR) ターミナル5 ブリティッシュ・エアウェイズ(BA) ファーストラウンジのWifiスピードチェック

ロンドンヒースロー(LHR) ターミナル5 ブリティッシュ・エアウェイズ(BA) ファーストラウンジのWifiスピードチェック
ScreenshotBusiness Class Review : BA352(LHR – NCE)

Business Class Review : BA352(LHR – NCE)

空港からホテルまで

今回到着予定が24.00くらいだったので、1泊目は空港近くのホテルを予約しました。
 
歩けるかなと思ったんですが、歩いたら結構かかりそうだったのでタクシーにしましたが結構取られてしまいました^^;
 
そして、宿泊したホテルもまぁ酷い^^;

ScreenshotComfort Hotel Galaxie – Saint Laurent du VarのWifiスピードチェック

Comfort Hotel Galaxie – Saint Laurent du VarのWifiスピードチェック

ニース(というかフランス全体)では、宿泊費はJPY15,000以上のところでないと快適な滞在はできないものと思った方がよいです。

訪れた場所

今回のニース滞在で訪れた主な場所を紹介します。

Cap3000

宿泊したComfort Hotel Galaxieの近くにあります。

場所的には、Novotel Nice Aéroportの目の前です。

要はショッピングモールなんですが、観光客というよりも地元の人が買い物に来るような感じの場所です。

最初に荷物検査があります。
 
なので、スーツケースなどを持っていると開けなくてはいけないので面倒です。


1階にはレストランがあって、2階もショップになっています。

アップルストアもありました。

ソファには電源も付いています。

エスカレーターは右に立ちましょう 😀
 
Cap3000の近くには「Centre Commercial」という名前のバス停があり、52番のバスに乗ると空港まで行くことができます。

間隔は、5分おきくらいです。
 
ニースのバスやトラムによく乗る場合は、運営会社「Lignes d’Azur」のアプリをインストールしておいた方が良いかもしれません。
 
アプリの画面は、こんな感じ。

バス停は2つありますが、建物よりのバス停は降車専用です。前の方から乗ります。


ターミナル1近くのAéroport promenadeで降りましょう。

そこからさらに市内へ行くには、98番のaéroport線に乗ります。

乗り場は、7番(Quai 7)です。
 
バスやトラムに多く乗る場合は、1日券を購入すると良いでしょう。
 
€5と、とてもお得です。
(1回の乗車は、€1.5)
 
ただし、aéroport線に乗る場合は1日券は使えません。
 
大人一人€6かかります。

Promenade des Anglais

今回も、Promenade des Anglais(プロムナード・デ・ザングレ)を少し歩きます。




もうサマーシーズンなのか、ビーチパラソルも出ていました。

数々のオーガニックスーパー

前回をビオセボン訪れましたが、ニースにはここ以外にもたくさんのオーガニックスーパーがあります。
 
今回は調べられた範囲で色々訪れてみました。

Bio c’ Bon

前回訪れたGambetta通りのお店ではなく、もう一つの店舗です。

お店に着きました。

ここでは、妻に頼まれたアーモンドペーストと、次男のためのオーガニック離乳食を購入。
 
ついでに、こだわりを持って食べている蜂蜜も購入しました。

Naturalia

Bio c’ Bon近くに、Naturaliaというお店もあります。

このお店も、ニース市内に何店舗かあります。

biocoop

街中を歩いていたら、biocoopというお店も見つけました。

ここのキッシュと塩を添加していないポテトチップスを買って、夜ご飯として食べました。

Le marchand Bio

さらに、Le marchand Bioというオーガニックスーパーにも行きました。

ここでは、更に蜂蜜とオーガニックのコーヒー豆を買って帰りました。

デパート

Nicetoile

Nicetoileは、ニースを代表するデパートの一つです。


ここには、フランス発のキッズ向けブランド「IKKS」のショップがあります。


ちょうど子供2人の帽子が必要だったので、買って帰りました。

Galerie Lafayette

こちらも、ニースを代表するデパートです。


こちらでは特に買い物はしなかったんですが、犬の鳴き声がしました。
 
連れ込みOKなんですね。

旧市街

ニースの観光名所の一つとなっている旧市街も、少し歩いてみました。

自分の大好きな風景が続きます。









旧市街にある、「Marc de Café」に行ってみました。

場所は、旧市街のこの辺りです。




コーヒーと、本場のSalade niçoiseをいただきます。


さすがヨーロッパサイズ、サラダだけでお腹いっぱいになりました。

Colline du Château

前回も同じ場所へ来ましたが、今回は少し違った場所から眺めることに。

ScreenshotA Nice travelogue(2017年12月)

A Nice travelogue(2017年12月)

旧市街から、坂と階段を登っていきます。





前回とは違う場所から入ったので、途中で滝を見ることができました。

そして、今回もまた大好きな風景を見て来ました。

今度来るときは、旧市街とは反対側の、こちらの方にも行ってみたいです。

トラム


ニースを走っている路面電車(トラム)に乗って、いくつかの駅で降りてみました。
 
最初に乗ったのは、Jean Médecin駅です。

一日乗車券があるので好きなところで降りることができますが、一応ルール上は「乗る度に自動改札機に券を通さないといけない」となっています。

Gare Thier駅は、フランスの国鉄・SNCFのニース駅を利用する場合に乗り換える駅です。



駅周辺をふらふらと歩いてまたトラムに乗り、南の方へ向かってみます。

トラムの社内アナウンスも動画に収めてみました。

Palais des expositions駅で降りてみました。

目の前にNovotelがあります。




ちょっと歩いてみると、Biomanというオーガニックスーパーがありました。

珍しい「ロバの乳」が原材料のオーガニックシャンプーがあったので、買ってみました。

使い心地は・・・意外と悪くないです 😀
 
一つ前のAcropolis駅まで歩いて、またトラムに乗りました。

2泊目のホテル

2泊目のホテルは、安定のハイアットリージェンシーです。

Screenshotハイアット ライフタイムグローバリストへの道#13(Hyatt Regency Nice Palais de la Méditerranée)

ハイアット ライフタイムグローバリストへの道#13(Hyatt Regency Nice Palais de la Méditerranée)

今回も、快適な滞在となりました 🙂

ドーハへ

また来年も来ることを誓い、日本への帰路の途に着きます。

ScreenshotBusiness Class Review : QR54(NCE – DOH) Boeing B787-8

Business Class Review : QR54(NCE – DOH) Boeing B787-8

まとめ



今回のニースも、大満足の滞在となりました。
 
収穫は何と言っても、
 
・ニース(というかフランス)はオーガニック食品がとても手軽に購入できる!
 
という点です。
 
食の安全、という言葉を聞くようになって久しいですが、自分は「国産だから大丈夫」というだけではなく、有機栽培なのか、フェアトレードなのかと言ったあたりや原材料までできる限りこだわって食品を選びたいと思っています。
 
日本の「食」に関する基準は色々緩いようなので、ご注意を。
 
あと思ったのは、さすがお膝元ということで、アコーホテルズ系列のホテルがたくさんあります。
 
今回少し歩いただけでも、3軒(メルキュール1軒、ノボテル2軒)のホテルがありました。
(ニースには15軒ものアコーホテルズグループホテルがあるようです)
 
フランスやヨーロッパへ旅をよくされる場合には、アコーホテルズの上級会員も視野に入れないとダメだなぁと思い知らされました。
 
もうチョイスホテルは勘弁です^^;
 
また、抜けるような青空は空気が乾燥している冬場の方が出会える可能性が高いですね。
 
来年以降も、”Nice travelogue”としてニースのナイスな旅行記を書いてみたいと思います 🙂

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)