航空会社毎の運航再開見通しまとめ(2020/5/19現在)

航空会社毎の運航再開見通しまとめ(2020/5/19現在)

各航空会社運航本数が大幅に減っている状況ですが、そろそろ少しずつ運航を戻そうと動きが出てきています。
 
主な航空会社の、運航再開のスケジュールをまとめてみました。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

各社の運航再開状況

路線は全て、2020/5/19現在の情報です。
 
運航再開情報は、随時更新していきます。

ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)

ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)は6月から、以下の路線の運航を再開する予定です。
 
・ボストン(BOS)
・シカゴ(ORD)
・ロサンゼルス(LAX)
・デリー(DEL)
・香港(HKG)
・ムンバイ(BOM)
・サンフランシスコ(SFO)
・ヨハネスブルク(JNB)
・ラゴス(LOS)
・ニューヨーク(JFK)
・サンパウロ(GRU)
・テルアビブ(TLV)
・羽田(HND)
・トロント(YYZ)
・シンガポール(SIN)
 
また、中国路線も北京大興(PKX)と上海浦東(PVG)への運航再開を予定しています。

エミレーツ航空(EK)

エミレーツ航空(EK)は、2020/5/21から以下の路線の運航を再開します。
 
・シカゴ(ORD)
・フランクフルト(FRA)
・ロンドンヒースロー(LHR)
・マドリード(MAD)
・メルボルン(MEL)
・ミラノ(MXP)
・パリシャルル・ド・ゴール(CDG)
・シドニー(SYD)
・トロント(YYZ)
 
また、2020/7/1には更に多くの方面への運航を再開する予定となっています。

カタール航空(QR)

カタール航空(QR)は、2020年5月末までに52路線の運航を再開し、6月末までに80路線の運航を再開します。
 
成田(NRT)は既に運航されていますが、羽田(HND)や関西(KIX)はまだです。

キャセイパシフィック航空(CX)

キャセイパシフィック航空(CX)は、6月から徐々に運航を再開します。
 
日本路線は、20206/1から6/20の3週間は成田(NRT) – 香港(HKG)線を週3往復(火・木・土)運航。
 
6/21からは関西(KIX)線も運航を再開し、いずれも毎日運航します。
 
その他、
 
・ロサンゼルス(LAX)
・フランクフルト(FRA)
・ロンドンヒースロー(LHR)
・バンクーバー(YVR)
・デリー(DEL)
・メルボルン(MEL)
・ムンバイ(BOM)
・サンフランシスコ(SFO)
・シドニー(SYD)
・アムステルダム(AMS)
・ソウル仁川(ICN)
・台北(TPE)
・バンコク(BKK)
・ジャカルタ(CGK)
・ホーチミン(SGN)
・シンガポール(SIN)
 
でも運航を再開する予定です。

大韓航空(KE)

大韓航空(KE)は、2020/6/1から以下の路線の運航を再開する予定です。
 
・ワシントンDC(IAD)
・シアトル(SEA)
・バンクーバー(YVR)
・トロント(YYZ)
・フランクフルト(FRA)
・シンガポール(SIN)
・北京首都(PEK)
・クアラルンプール(KUL)

ターキッシュエアラインズ(TK)

ターキッシュエアラインズ(TK)は2020年6月から19ヶ国への運航を再開し、9月までに99ヶ国の運航を再開する予定ですがまだ決定ではありません。

フィンエアー(AY)

フィンエアー(AY)は2020年7月から、徐々に運航を再開します。
 
アジア路線ですが、
 
・北京首都(PEK)
・香港(HKG)
・上海浦東(PVG)
・中部(NGO)
・関西(KIX)
・成田(NRT)
・シンガポール(SIN)
・ソウル仁川(ICN)
・バンコク(BKK)

となります。
 
また8月にはデリー(DEL)とニューヨーク(JFK)線を再開する予定です。
 
11月には羽田(HND)への新規就航も予定しています。

まとめ

個人的には、アジアの観光客もいち早く迎え入れる計画のあるトルコ、TKに注目しています。
 
できれば夏、遅くても今年中にはもう一度旅をしたいなぁと思っているので、入国制限情報にもしっかりアンテナを張っていきたいと思います!

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

マイレージの無料メルマガ講座も受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea