ANA VISA プラチナ プレミアムカードの損益分岐点を考える

ANA VISA プラチナ プレミアムカードの損益分岐点を考える

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
 
先日、SPGアメックスカードを解約して個人決済のANA VISA プラチナ プレミアムカードを取得しました。
 
このカードは、NHのマイレージがJPY100で1.5マイル貯まります。
 
自分は積極的にNH修行は行っていませんが、スターアライアンスメンバーの修行を行っています。
 
そのため、マイレージをSKYコインに良い比率で交換することもできるこのカードを選択しました。
 
ただ、問題はその年会費。
 
JPY88,000(税込)
 
です。
 
一体どのくらい使えば年会費がペイできるのか、検証してみました。

カード概要

ANA VISA プラチナ プレミアムカードの特徴については、他の方がより詳しい記事を投稿されているのでここでは述べません。
 
公式サイトは、こちらです。
 
https://www.smbc-card.com/nyukai/platinum/ana/index.jsp

ポイント加算例

例えば、年間で50万円を決済した場合。

ここをタップして表示Close
0.5ポイント/JPY100のカード 1ポイント/JPY100のカード VISAプラチナ
2,500 5,000 7,500

JPY100で1ポイント獲得できるカードとしては、ANA VISAゴールドカードなどがその例ですね。

損益分岐点の検証

一般的なクレジットカードは大体、
 
1ポイント/JPY100
 
か、
 
0.5ポイント/JPY100
 
で、マイレージに交換可能です。
 
なので、検証の比較対象は、

  • 0.5ポイント/JPY100(A)
  • 1ポイント/JPY100(B)
  • 1.5ポイント/JPY100(C : ANA VISAプラチナ)
  •  
    とします。
     
    年会費のJPY88,000を決済に使用したとすると、

  • A : 440ポイント
  • B : 880ポイント
  • C : 1,320ポイント
  •  
    がもらえるので、
     
    決済額に対するマイレージ + 年会費相当額のマイレージ < ANA VISAプラチナのマイレージ
     
    となる金額が、損益分岐点になると思います。
     
    なお比較する際に、ANA VISAで獲得できるマイレージは
     
    決済額 – 年会費JPY88,000
     
    で獲得できるポイントを表示しています。
     

    決済額 : JPY100,000(JPY12,000+JPY88,000)

    ここをタップして表示Close
    A B C
    500p(60p+440p) 1,000p(120p+880p) 180p

    この時点ですでに、Aのカードは切り替えた方がお得です。
     
    Bは、まだ切り替える余地はありません。

    決済額 : JPY150,000(JPY62,000+JPY88,000)

    ここをタップして表示Close
    A B C
    750p(310p+440p) 1,500p(620p+880p) 930p

    まだ、Bのカードで良さそうです。

    決済額 : JPY300,000(JPY212,000+JPY88,000)

    ここをタップして表示Close
    A B C STP
    1,500p(1,060p+440p) 3,000p(2,120p+880p) 3,180p

    この時点で既に、ANA VISAプラチナカードで決済をした方がポイントが多く獲得できるようになります。

    結論

    ・0.5ポイント/JPY100のカードを利用している人
    -> 年間JPY100,000以上クレジットカードを使うのであれば、ANA VISAプラチナに切り替えた方がお得
     
    ・1ポイント/JPY100のカードを利用している人
    -> 年間JPY300,000以上クレジットカードを使うのであれば、ANA VISAプラチナに切り替えた方がお得
     
    となります。
     
    年間JPY300,000という金額は、結構すぐなのではないかと思います。
     
    どこかの航空会社の修行をする場合でも、JPY300,000は使うでしょうから・・・。
     
    JPY300,000は1ヶ月で使ってしまう、という方もいらっしゃるでしょう。
     
    高額の年会費も、1ヶ月にJPY8,000貯めておけば1年後には余裕で支払うことができます。
     
    自分は個人用と事業用のクレジットカードを分けて利用しているのでそこまでNHマイレージは貯まりませんが、それでも年間JPY300,000以上は決済します。
     
    事業用の決済は、法人口座で引き落としができるセゾンアメックスビジネスプラチナカードを利用してJLマイレージを貯めています。
     
    貯まったNHマイレージで、効率的にスターアライアンスメンバーの修行をしようと思っています。

    Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

     

    マイレージの無料メルマガ講座も受付中です

    LEAVE A REPLY

    *
    *
    * (公開されません)

    BoardingArea