ヴァージン・オーストラリア(VA)の上級会員特典を海南航空(HU)、香港航空(HX)でも利用可能に

ヴァージン・オーストラリア(VA)の上級会員特典を海南航空(HU)、香港航空(HX)でも利用可能に

ヴァージン・オーストラリア(VA)のマイレージプログラム「Velocity」の上級会員資格を持っていると、海南航空(HU)、香港航空(HX)のフライトでも特典を享受することができます。
 
自分はVA上級会員でもなんでもありませんが、常々気にしているVAのニュースなのでシェアさせていただきます。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

改善概要

VAのゴールド・プラチナ会員は、2018/7/2から海南航空(HU)、香港航空(HX)のフライトをする際にエコノミークラス搭乗時であってもラウンジを利用できるようになります。
 
しかし、中国 <-> オーストラリア・ニュージーランド間のフライトについては、引き続き利用できないままです。
 
HXのフライトについては、香港(HKG)発のフライトについてのみラウンジを利用可能です。
 
つい先日HXのラウンジを利用して来たのですが、開放感があってとても良かったですよ 🙂
(詳細はまた後日)
 
また、同じHUグループの北京首都航空(JD)と天津航空(GS)についても、優先搭乗、ビジネスクラスレーンのチェックインカウンターを利用することができるようになります。
(ラウンジ利用はできません)
 
そして、HU/HX便名のフライトであってもVAの上級会員資格に必要なステータスポイントが獲得利用できるようになります。

まとめ

HUグループとVAは、日に日に提携関係を強化しています。
 
長年提携を行っていたニュージーランド航空(NZ)が提携を解消し、こともあろうかVAにとってのライバル会社であるカンタス航空(QF)とコードシェアを始めるなど、VAを取り巻く環境は厳しくなる一方なので、資金力のあるHUグループとはなんとしても仲良くしておきたいのでしょう。
 
 
先日、香港から日本へ戻ってくる際に香港航空(HX)を利用しました。
 
一度塔乗してみたかったのもあるんですが、もう一つある理由があって塔乗しました。
 
その理由にはVAが深く関わっているのですが、詳細は2018年7月、9月に開催する香港旅セミナーの中で解説をします。
 
なぜPARがVAのことを気にしているのか、がわかると、HXに塔乗してみたくなる気持ちが一層強くなると思います 🙂
 
その他にも、ビジネスクラスやファーストクラス、ひいてはシンガポール航空(SQ)のスイートクラスにも格安で搭乗する方法をお伝えします。
 
圧倒的な情報力で、あなたのご参加をお待ちしています。
 
お申し込みは、こちらからどうぞ!
 

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA