アラスカ航空(AS)の特典航空券に関するルール変更(2018/6/5から順次)

アラスカ航空(AS)の特典航空券に関するルール変更(2018/6/5から順次)

お得な使い方のできるアラスカ航空(AS)のマイレージですが、最近いくつかルールの変更があったのでシェアをさせていただきます。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

予約の変更・キャンセルについて

2018/5/13現在、ASマイレージを利用して予約した航空券は予約から24時間以内であれば無料でキャンセルが可能です。
 
2018/6/5から、出発まで24時間以内の予約をして、キャンセルをした場合にはUSD125がかかります。
 
更に、出発日から60日以上前の予約の変更・キャンセルは今までは無料でできたのですが、2018/6/5から一律USD125かかるようになります。
 
つまり、2018/6/5からは、予約から24時間以内の記録でないと無料で変更・キャンセルができなくなります。
 
ただし、ASの上級会員(MVP Gold以上)の場合、及びアラスカ州内の移動をする予約であれば、USD125はかかりません。
 
このルール変更は、通常の航空券にも適用されます。

ASフライトの必要マイレージ数変更

ASフライトのいくつかの方面で、必要マイレージ数が変更となりました。
 
大体は改悪なのですが、

北米大陸 <-> アラスカ州/ハワイ州へ行くフライトが2018/6/25から
 
・エコノミークラス : 15,000マイル – 50,000マイル
 
となります。
(以前は17,500マイル – 40,000マイル)
 
キャンセル不可の予約での必要マイレージ数が下がり、キャンセル可の予約の必要マイレージ数が増えました。
 
また、北米大陸間の700マイルまでのフライトの必要マイレージ数が
 
・ビジネスクラス(ASではファーストクラスと言います) : 15,000マイル – 40,000マイル
 
となります。
(以前は25,000マイル – 60,000マイル)
 
その他の路線の必要マイレージ数変更については、こちらをご覧ください。
 
https://www.alaskaair.com/content/mileage-plan/use-miles/award-charts/changes

まとめ

日本に住んでいる限り、ASマイレージを利用してASフライトに搭乗することは少ないかもしれません。
 
同じASフライトに搭乗するなら、ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のAviosかシンガポール航空(SQ)のマイレージで塔乗した方がお得でしょう。
 
また、海外発日本ストップオーバーのお得な使い方に関して、2区間目をだいぶ先の日付にして適当に取っておいて後で調整する、と言うことが今まで無料でできたのがこれからは有料になってしまいます。
 
未確認ですが、電話でないと変更ができないとなったら、これまた面倒です。
 
しかしながらまだ、ASマイレージは魅力的なマイレージプログラムであることに変わりはありません。
 
2017年12月に、「アラスカ航空(AS)徹底攻略」セミナーを行ったのですが、その動画を提供しています。
 
セミナー終了後も、ご参加者の特典として閲覧ができるページは常々更新を行っていて、常にASの「今」を知ることができるようになっています。
 
あなたもこの機会に、ASについて徹底的に学んでみませんか?
 
お申し込みは、こちらのページからどうぞ 😉
 
https://voyageavance.global/as-seminar-2017-video

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By goyoutan

    初めまして。この数年陸マイル活動をしているgoyoutanと申します。現在SFC修行中であり、主に貯めているのはANAマイルです。
    最近アラスカ航空のマイレージでJALビジネス特典航空券発券について知りまして、来年家族でベトナムへ行きたいなぁと考えております。今回のASのルール変更の記事、大変勉強になりました。予約変更がしにくくなってしまいましたね…。
     お伺いしたいのですが、こちらの記事(https://voyageavance.global/how-to-travel-with-family-in-a-luxurious-way)で、ご家族3人分のJAL CクラスをASマイルで発券された、というのを拝見しましたが、ASでのJAL特典枠で3人分予約というのは可能なのでしょうか?また予約はいつ位から可能なのでしょうか?JAL予約開始日より数日遅いというのを他の方のブログで目にしたのですが…。
     ちなみに、マイルはSPGアメックスのスターポイントが6万マイルほどあり、そのままASマイルに移行するか、バイポイントで追加3万スターポイント購入してマリオットトラベルパッケージを利用しようかなとも考えております。

    • By par

      コメントありがとうございます。

      自分がNRT – SINの予約をしたのは出発日の4ヶ月くらい前で、問題なく発券できました。

      ASマイレージが出発日のどれくらい前から予約可能かは調べる必要がありますが、1年くらい先(330日から365日の間)だと思います。
       
      スターポイントをそのまま移行するかトラベルパッケージにするかは、航空会社によって異なると思います。

      今度開催予定のセミナーではその点を航空会社ごとに説明するので、もしご興味がございましたらご参加ください 🙂
      https://voyageavance.global/seminar-2018-marriott-description

  2. By AKIRA

    はじめまして、アラスカ航空の航空券に5度マイル交換した事ありますが、いくら2か月先でも1区間目を使っていたら、2区間目を2か月以上先の予約でも、今でも変更は電話のみで、プラスして変更料とられますよね。変更料発生するので変更はお金もかかり、電話しないといけないので面倒くさいですね。1区間目が2か月以内でも変更料発生するので変更はお金かかりますが、その場合はインターネットで変更できます。

    アラスカ航空に日本から電話をすると時間帯によってはなかなかつながらなかったり、出た人からまた他の部署につながれたりして、そこがなかなか電話に出てこなかったりで面倒くさいです。エージェントによってはとても不親切でアメリカ的に対応されます。声を荒立てられたりします。やはり日本に事務所がない事はとてもマイナスな点だと思います。(特に時間変更があったり、航空券の発券の事で問題があったり、勝手な機種変更があったりその他、メールで連絡をしても電話をかけろと何度もメールが来るし、時間がかかるのでかなりマイナスです。
    航空会社に勤めているので航空券の知識や語学はまあ問題ない?と勝手に思いますが、我々にとっても何かあると面倒を感じます。

    又昔はJALのマイレッジバンクと同じ空席状況でしたが、今は空きの状況もちがいますね。JALはもともと330日前からの発券しかできないと、他社と比べると発売開始が遅いですが、アラスカ航空はもっと後でないと空きがでてきません。しかもバンコク線やシンガポール線等は多くが空いている便が同じようで、最初から空席を出していないと感じる便もあります。

    正直海外発の2区間発券ですから、2区間目の日本発の旅程まで決めておかないといけない事がかなり面倒です。あと同じ目的地に帰れないので、例えばバンコクからでてバンコクに戻ると倍マイルがいります。よって他の都市にすると片道を購入するのがレガシーキャリアでは大変高額になるので、(LCCには乗りたくないです)もうこの航空券はいいかな?と最近思ってきました。

    やはり日本に事務所があり、ちゃんとした会社のマイルを使う事は保険料かなと感じています。(勝手な感想ですいません)

    • By par

      コメントありがとうございます。

      ご指摘の通りスタッフのレベルにとても差があり、あることを5人に聞いたら1人だけ違うことを言っていたので、困惑したことがあります^^;日本的なサービスは望むべくもありませんね。

      KUL – TYO – SIN辺りであれば、ほぼ往復のように使えるでしょうか(空き状況にもよりますが)。いずれにしてもこの少ないマイレージ数もいつかは終わると思っているので、(JLフライトを使う目的では)貯めることはしないようにしようと思っています。

  3. By AKIRA

    ご返答ありがとうございます。
    すべておっしゃる通りで同意いたします。
    しかし私は下記のような事に悩み苦労しましたので書いてみます。(決して批判ではなく、自分の旅行パターン、勤務体系などにおいて困ったことです。人によって色々違うと思うので参考までにしてください。)

    1)やはり安くビジネスクラスを使おうと思うと海外発になり、1回目の旅行が決まっていたとしても、2回目の旅行先、日程を決めるのはとても苦労しました。特に4月等の人事異動などの時期をまたぐと休みが取れるか悩みました。とれないと125ドルの変更料がかかります。それも1回だけの変更かのうですよね?しかし日程が近ずくと満席で席がとれなくなります。1区間目を使用後はキャンセルもできなくなるし、すべて国際電話です。使えないと片道は無効になります。

    2)1回目の旅行の目的地までの片道と2回目の旅行の帰りの片道をLCC以外で買おうとするととても高くて、キャンセル料もかかります。また他社の特典で取ろうとするとやはり帰りが変更すると料金がかかったり、変更手数料がかかりますし近づくとこれもとれなくなります。しかも1区間目使っていると日程以外は変更できなくなります。それをアラスカ航空でまた海外発にすると永遠に辞めることができず、かなり先の予定を決めないといけません。またマイルもどこかでつきます。これが悩みでした。

    3)海外発東南アジアで必ず元の都市に戻る事ができません、これはある程度東南アジアに行った事があるとあまりあちこち行かなくてもよくなります。例えば日本発で TYO-KUL/SIN-TYOなど1回の旅行でやれるのならば、さほど問題ありませんが、KUL-TYO-SINでSINやKULは近くてその区間の航空券もさほど高くないのでそこまで問題ないのですが、では2回もこの2都市にリピートしたいかと言うと1回で十分で2回もこの航空券の為にいきたいとは思わなくなりました。
    また例えばSINからBKKに行こうとSINからBKKの航空券を片道買おうとすると結構高くて(2万ぐらいする)空港税や空港までの交通費また5日ぐらいの旅程で時間の無駄が発生してとても時間がもったいなく感じました。

    4)いつも空き状況みていると、アラスカ航空の東南アジア線の空いているビジネスクラスの便がだいたいわかるようになり、KULへの東京からの便は夕方成田発で時間が悪く同日乗り継ぎもできず、SIN行はいつも羽田発は真夜中の便がほとんどで羽田発朝便はほとんど空きなしです、成田発は夕方発で時間が悪いです。帰国便は多く空いている便は真夜中1時代の羽田行で時間がとても悪く、SINに早朝ついてもホテルにチェックインできず、帰りもチェックイン後深夜までいるところがなくなります。雨が降っていると最悪です。BKKやSIN行きの羽田発の朝のビジネスはほとんど空きがありません。SGN行もとても時間が悪いです。BKKも色々ありますが長くなるので書きません。又SINはホテル代も高いです。

    5)同日KULで乗り継いでタイに入ろうとすると、別切りの航空券ではチェックインできない、荷物スルーしないと言われ、入国する事になりました。よって時間もかなり必要です。

    6)あとは上にも書いた何かあった時にメールをしても返事が遅く、しかも電話をしろと書いてくる。電話をしても出ない、あちこち回され時間が無駄、人によって問題ないや、JALに電話しろと言ってきますが、問題はあり、JALはアラスカの仕事だと言われ、(私もアラスカの仕事だと思っていました。)最終的にはJALの便宜で乗せて頂きました。
    問題無しと言われても問題があります、アラスカのオペレーターからは特に問題ないと言っているだとうと声を荒立てられ、電話切ると言われたこともありいらっとしてこちらもきます。(心の中ではこのド素人と言いたいところでした)
    やはり日本に事務所が無いのは何かあった時にかなりのマイナスです。

    7)全日空のビジネスで東南アジアまで日本の冬の時期は55000マイルですが、変更もキャンセル待ちも可能です。また例えばSINBKK等の区間をビジネスクラスでプラスしても60000マイルでOKです。もちろん燃油サーチャージはかかりますが、あと日本的なサービスを24時間受けれます。JLもNHもステータスがあるのでラウンジも使え、非常口座席も使えます。

    よってサラリーマンで休みが確定できなく変更の可能性がある。長い休みが取れず時間が大事。成田よりも羽田の日中の良い時間のビジネスクラスを使いたい、英語ができなく何かあったら交渉できない、最初と最後の部分にLCC等を使いたくない等の志向があればあまりお勧めしないと経験より思いました。(私は5日ぐらいの休みで羽田発の便で深夜便は嫌いで、LCCにも乗りたくない志向です)
    逆に自由業や学生で、時間もあり休みも好きな時に取れ、ビジネスクラスに乗る事が何よりも大事な方にはよいマイルだと思います。

    ご参考までに一意見として書いてみました。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)