アコーとパリ・サンジェルマン(PSG)のPVに出演させていただきました!

Lounge Review : バンコク・スワンナプーム空港(BKK) タイ国際航空(TG) ロイヤルシルクラウンジ コンコースE(Royal Silk Lounge Concourse E)

Lounge Review : バンコク・スワンナプーム空港(BKK) タイ国際航空(TG) ロイヤルシルクラウンジ コンコースE(Royal Silk Lounge Concourse E)

バンコク・スワンナプーム空港(BKK)には様々な航空会社やラウンジ運営会社のラウンジが山ほどありますが、そのうちの一つ、タイ国際航空(TG)の
 
ロイヤルシルクラウンジ
 
を利用しました。
 
いつもの通りWiFiのスピードチェックです。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

ロイヤルシルクラウンジ概要

ロイヤルシルクラウンジはいくつかありますが、今回はコンコースEにあるラウンジです。

 
営業時間 :
 
5.00 – 翌1.00
 
 
入り口は、こんな感じ。

ラウンジの中は、こんな感じです。


食べ物と飲み物のコーナー。






なんだか迷路のようなつくりになっています。






窓からは、飛行機が見えます。

シャワーもあります。

WiFi接続方法

THAINetwork_E1というSSIDがあると思うので、それを選択しましょう。


受付でもらったユーザーIDとパスワードを入力して次へ進みます。

通信速度計測結果


上り 7.40Mbps
下り 2.09Mbps
 
通信自体は、スムーズでした。

まとめ


ラウンジはあまり大きくなく、食事も飲み物も至って普通な感じでしたが、人が少なかったのでよかったです。
 
なお、今回搭乗したのはタイ国際航空(TG)グループのタイスマイル(WE)。
 
WEはスターアライアンスのコネクティングパートナーではありますが、以前投稿したようにコネクティングパートナーは、全ての航空会社とマイレージ提携はしていません。
 
スターアライアンスのゴールド会員の方は、タイスマイル航空を利用する時、優先チェックイン、ラウンジ利用、優先搭乗などの特典を限定的に受けられるようになります。
 
例えば今回のように、TGでDELからBKKへやってきて、乗継でWEを利用する場合にはラウンジ利用が可能です。
 
BKK – REPなどの単純往復の場合は、ラウンジ利用ができません。
 
WEが同じ旅程に含まれていて、WEで乗り継ぐ旅程の予約であれば、ラウンジが利用できるわけですね。
 
そのことが、受付にも書いてありました。

全日空(NH)でBKKに来て、その後WEでどこかへいく場合も、TGのラウンジは利用できませんのでご注意を。
 
スターアライアンスのラウンジが利用できない場合は、プライオリティ・パスで利用できるオマーンエア(WY)をお勧めします 🙂

Screenshot

Lounge Review : バンコク スワンナプーム空港(BKK) オマーンエア(WY)ラウンジ

Lounge Review : バンコク スワンナプーム空港(BKK) オマーンエア(WY)ラウンジ

今回写真撮影に利用したカメラとレンズ


カメラ :

iPhone

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA