Business Class Review : エールフランス航空(AF) AF499 シントマールテン(SXM) – パリシャルルドゴール(CDG) エアバス A330

Business Class Review : エールフランス航空(AF) AF499 シントマールテン(SXM) – パリシャルルドゴール(CDG) エアバス A330

シントマールテン(SXM)から日本へ戻る際、まずパリ(CDG)へエールフランス航空(AF)のビジネスクラスに搭乗しました。
 
機内のレビューです。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

AF499搭乗記

シントマールテンでのんびりと過ごし、滞在先のホテルからレンタカーを返し、空港へ向かいます。


チェックインを済ませ、出国審査を行います。

SXMにはラウンジがないので、USD10のバウチャーをもらいました。

バウチャーを使えるお店は、こんな感じ。

クロワッサンがありました。

カリカリ・しっとりしていて、バターの香りもしました。
 
空港内のお店とは思えないくらい美味しかっです。
 
 
3 out of 5
 
時間が来たので搭乗ゲートへ向かいます。


沖どめです。

搭乗はタラップから。

座席

今回の機材は、エアバス A330です。

機材登録番号は、F-GZCB
 
機材の愛称は、Chantillyです。
 
2001年から運用されている機材ですが、シートが新しくなっていたためあまり古さは感じませんでした。
 
ビジネスクラスの座席は、こんな感じ。

シートですが、2-2-2の配列です。


ビジネスクラスも満席でした。

足元の広さは、このくらいです。

ちょっとしたテーブルと、小物入れがあります。


エンタテインメントのリモコンは、親指でポインタをグリグリ操作するタイプのものです。

邦画も少しありました。

リモコンの奥に、ヘッドフォンがかけてあります。

シートを調整するボタンはシンプルです。

このハンガーを見る度に、欲しい!と思ってしまいます。

アメニティキットです。

ウェルカムドリンクとしてシャンパンをいただいてみました。

参考価格は、こちら。


トイレはこんな感じ。

手を洗う水が出ませんでした。

20年くらい運用されている機材は、この辺りでガタがきていたようです。

機内WiFi

機内WiFiも利用できる機材でした。

今回は利用しませんでした。


Flying Blueのマイレージで支払うこともできます。

食事

飲み物のメニューです。



シャンパンは、好きなPommeryでした。




改めてシャンパンをいただきました。

事前にヴィーガンミール(VGML)をリクエストしていましたが、なんと搭載されていないとのこと。
 
さらに、食事の選択肢も一つしかないということで食べた食事がこちらです。


食事をいただいた後、着陸前まで寝てしまいましたが急いで朝食をいただきました。

クロワッサンがありました。

少しパリパリしていました。
 
バターの香りもしっかりしていて、機内食のクロワッサンとしては美味しい方だと思います。
 
 
3 out of 5

CDG着


8時間くらいのフライトで、パリ(CDG)に着きました。

今回はまさかのVGMLなし。
 
事前にリクエストをして、搭乗券にも印字されているのでシステム的には間違っていないはずです。
 
メイン料理も、サーモン、牛肉はもう無く、ラタトゥイユのみでした。
 
メインメニューも、事前に聞かれもしませんでした。
 
まぁこういうこともあるでしょう。
 
今回はヴァージン・アトランティック航空(VS)の番号が入っていたから軽視されたんでしょうか?
 
AFの番号を入れ直しておけばよかったか・・・。
 
 
ちょっとがっかりしましたが、「そういえばメニュー聞いてなかったね、ごめんなさい」と客室乗務員の方がフォローしてくれて、その後少し会話をしました。
 
他の乗客にも、頼んだものが積まれていない、と言われていたそうです。
 
SXM線はちょっと注意かもですね。
 
Chartreuseを知っていますか、と言われ、飲むよう勧められました。

緑色のリキュールで、とてもクセのある強いお酒でした。

アルプスで、雪を入れて飲むリキュールらしいです。
 
CDG以降、日本までの帰りの経路を伝えたら呆れていましたが、プラチナメンバーでスカイチーム修行をする必要がある、と伝えたら「疲れませんか」と言われた。
 
フライトが好きなので全然問題ないです、と言っておきました。
 
 
今回の不手際に関して「ごめんなさい、レポートしておきます」と言っていて、100ユーロ分の航空券バウチャーをくれる手続きをしてくれました。
 
ちなみに、マイレージの加算先がFlying Blue以外だとマイレージがもらえません。
 
Flying Blueの番号を入れておくと、マイレージかバウチャーかを選択できます。
 
自分はヴィーガンではないので、特に痛手は被っていません。
 
しかも、マイレージで予約したフライトなので、燃油代がEUR100分返ってきた感じです。
 
まぁよしとしましょう。
 
もらったバウチャーは、早速使いました。


着陸前、トイレから戻ったら机にChartreuseが置いてありました。

客室乗務員がニヤリとしていました。
 
こういうところ、すごく好きです。
 
トラブルがあっても、その後の上手なフォローで顧客満足に変えるあたり、さすがの接客術。
 
人によっては満足しないかもしれませんが、自分はこういうフランス流のおもてなしが大好きです。
 
リクエストした食事が用意されていない、という体験を味わいましたが、それを補うくらいのおもてなしでした。
 
帰り、ステキなおもてなしをしてくれた客室乗務員に
 
またアルプスで会いましょう
 
と言って、機内を後にしました。
 
 
またAFに搭乗したいな、と強く思います 🙂

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA