アコーとパリ・サンジェルマン(PSG)のPVに出演させていただきました!

パリ・シャルル・ド・ゴール空港(CDG)のターミナル1の運用再開

パリ・シャルル・ド・ゴール空港(CDG)のターミナル1の運用再開

パリ・シャルル・ド・ゴール空港(CDG)は、2024年のパリオリンピックに向けて、約3年間の閉鎖を経て、第1ターミナルを再開しました。
 
2020年3月30日に閉鎖され、これまで改修工事が行われてきました。
 
だいぶ綺麗になったようなので、詳細を調べてみました。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

CDGのターミナル1

CDGの第1ターミナルは、1974年にフランスの建築家ポール・アンドリューの設計で建設され、中央の本体をトンネルで囲み、7つのサテライトビルを配置したコンクリート同心円状のデザインが特徴です。

今回の改修では、36,000平方メートルのジャンクション・ビルを建設し、中央ロビーに新たな機能を追加して、乗客の利便性を向上させました。
 
中央ロビーには、大理石の床、LED照明、130台のセルフサービスキオスク、90台の自動手荷物預け機、チェックインカウンター、デジタルサイネージ、乗客の列の新しいレイアウト、簡素化された入国施設などが導入されました。
 
一方、新しいビルは、サテライト1、2、3を結び、ターミナル1の中央ビルに接続しています。
 
これには、中央本体に面した5,600平方メートルの新しい搭乗ホールが含まれます。
 
国際線ゾーンの入り口は4つのトンネルから1つになり、国際線ルートのすべてのゲートにセルフボーディングゲートが設置され、搭乗が容易になりました。
 
CDGには、パリをテーマにした新しい出発ラウンジがあります。
 
パリのビストロのカウンターやテーブルの脚をイメージし、歴史的なポストや花火を思わせる照明、真鍮のアクセントが特徴的なラウンジです。
 
座席エリアは、直線と曲線を組み合わせたベンチ、細長い座席、ベンチやテーブル、座席の後ろに控えめなスクリーンを設置した作業スペースがあります。
 
セキュリティチェック終了から搭乗口までの移動時間は最大6分となるそうで、長い時間歩く必要がなくなりそうです。
 
到着フロアのサテライト3には、ティエリー・ブエが首都の20の地区を歩き、それぞれの地区の「1」を撮影した写真が展示されている「パリ、ナンバーズ1」があります。
 
これも楽しみですね。

まとめ

ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)、スイスインターナショナルエアラインズ(LX)、エアインディア(AI)、キャセイパシフィック航空(CX)など50社以上の航空会社が今後数ヶ月のうちにターミナル1に戻る予定ですが、全日空(NH)も2023年1月よりターミナル1を利用することになります。
 
そして、素敵なラウンジを運用しているカタール航空(QR)も、ターミナル1に戻ってきます。
 
あのラウンジは、もう一度行きたいですね。

Screenshot

Lounge Review : パリ シャルル・ド・ゴール空港(CDG) カタール航空(QR)ラウンジ

Lounge Review : パリ シャルル・ド・ゴール空港(CDG) カタール航空(QR)ラウンジ

詳細はこちらでご覧いただけます。
 
https://www.parisaeroport.fr/passagers/les-vols/transfert-de-compagnies-decembre-2022

自分はこれまで、ターミナル1を利用したことがありません。
 
シェンゲン内外各航空会社を利用して、ラウンジがどんなものかレビューしに行きたいと思います。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA