IHGのクラウンプラザホテルが秋田にオープン(2021年12月予定)

IHGのクラウンプラザホテルが秋田にオープン(2021年12月予定)

外資系ホテル不毛の地・東北ですが、2021年5月現在、外資系ホテルチェーンがあるのは仙台だけ。
 
先日岩手にIHGのホテルが立て続けにオープンすると投稿しましたが、

Screenshot

岩手・安比高原の3つのホテルがIHGグループへ

岩手・安比高原の3つのホテルがIHGグループへ

今度は秋田にクラウンプラザがオープンする予定となりました。
 
詳細を少し紹介します。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

新しくオープンするクラウンプラザは

ANAクラウンプラザホテルとしてオープンするホテルは、現在の「秋田ホテル」。
 
JR秋田駅から徒歩3分、秋田空港から車で約35分です。
 
客室は全187室で、施設内にはホテル最上階からの眺望も楽しめるオールデイダイニングなど4つのレストラン、滞在中いつでも利用できるジム、サウナと日本式浴場、写真室、ドレスサロン、7つの宴会施設があるこのホテルがリブランドされます。
 
クラウンプラザは、日本では結構多く展開されていて、北は釧路から南は熊本まで19軒のホテルがあります。
 
IHGANAホテルズグループジャパンは、軽井沢にも「ホテルインディゴ軽井沢」を2022年春に開業する予定で、長野県では大町のホリデイインに続いて2軒目のIHGブランドを展開予定となっています。
 
IHGのサイトを覗いてみましたが、まだ予約はできないようでした。
 
運営会社は、長野の株式会社アビラという会社です。
 
元々地元の会社が運営していたのを長野の会社が事業譲渡を受けて運営していたのですが、ここに来てIHGブランドを付けることにしたようです。
 
運営会社の社長は発表の場で「ホテル名にANAと付くことにはインパクトがあると思う」と言っていましたが、逆に自分は「ANA」と付いていてもあまりピンと来ません。
 
寧ろ、「クラウンプラザ」と付くことの方がインパクトがあると思いますが・・・^^;

まとめ

IHGはここに来て、攻めてますね。
 
北東北に多くオープンするのは、南東北(福島や山形)だと、関東から来た場合でも「日帰りでいいか」となるからかもしれませんね。
 
そういう意味で、次に外資系ホテルチェーンがオープンするのは青森かな、と思っています。
 
 
個人的には、IHGではなくてアコーホテルズが増えて欲しいと思います。
 
イビススタイルズでもいいので、仙台のどこかにオープンしないですかね。
 
地元のホテル経営者に働きかけてみようかな 😛
 
まずは、ホテルのフランチャイズ契約はどういう形態になっているのか、勉強する / 知っている人に聞くところから始めてみても面白いかも。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA