キャセイパシフィック航空(CX)の新しいファーストクラス座席

キャセイパシフィック航空(CX)の新しいファーストクラス座席

以前、キャセイパシフィック航空(CX)のファーストクラスに搭乗した際、機材はもちろんそうですがシートもなんだかちょっと前近代的な感じだなぁ・・・と思っていました。
 
↓こんな感じです。

ですが、2013年に発注したボーイング B777-9機材の中に搭載される予定の座席がとても素敵な感じでした。
 
とても期待しているのですが、その座席についてお伝えしたいと思います。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

新しいファーストクラスのデザイン

デザインは、ヨーロッパのYellow Designという会社が行っているようです。
 
同社のPinterestアカウントに、CXファーストクラスの座席デザイン案が2つありました。
 
アジアの文化を機内で表現したそうですが、ヨーロッパの人が考える「アジアの文化」を表現すると、こんな感じになるそうです。

このデザインはエールフランス航空(AF)のファーストクラスっぽいですね。

※ちなみにAFファーストクラスの座席はこんな感じ(実際に搭乗した訳ではありません)。

どうやら、今は亡きAF A380機材のファーストクラスのデザインはこのYellow Design社が行ったようです。
 
https://www.yellowwindow.com/airfrance-fr
 
他にも、ヨーロッパ各国(主にフランス)の公共交通機関の座席のデザインなどを手がけているようです。
 
個人的にとてもいいなと思ったのがこちら。

このレイアウトは、今まで見たことがないです。
 
斜めにシートが配置されていて、ゆっくりとくつろげそうです。
 
このデザインはきっと2020年以前から考えられてきたものでしょうから、これからCXがもう少し「今時」な感じにして、距離に配慮したり色々と考えるんだと思います。

まとめ

素敵なファーストクラスのデザインがまとまり、運用されるのは2025年以降だそうです。
 
今回のデザインはファーストクラススイート、という位置付けだそうなので、ちょっと先ですが、楽しみに待っていたいですね。
 
ラウンジ利用とかも、通常のファーストクラスとは変わってくるのかな?

ScreenshotLounge Review : 香港空港(HKG) キャセイパシフィック航空(CX)ラウンジ「the Wing」(ファーストクラス)

Lounge Review : 香港空港(HKG) キャセイパシフィック航空(CX)ラウンジ「the Wing」(ファーストクラス)

その時には、羽田(HND)線ではなくもうちょっと遠い距離の路線に搭乗したいと思います 🙂

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea