First Class Review : ブリティッシュ・エアウェイズ(BA) BA8 羽田(HND) – ミュンヘン(MUC)ダイバート – ロンドンヒースロー(LHR)

First Class Review : ブリティッシュ・エアウェイズ(BA) BA8 羽田(HND) – ミュンヘン(MUC)ダイバート – ロンドンヒースロー(LHR)

コミュニティメンバーの方とお会いするためパリへ行く用事があり、まずブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のファーストクラスに搭乗しました。
 
・・・が、なかなか大変なフライトになってしまったのでレビュー含め搭乗記をお伝えします。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

BA8搭乗記

今回は、羽田(HND)発のフライトです。

チェックインを済ませ、ラウンジへ。
 
今回は、日本航空(JL)のサクララウンジ Skyviewを利用しました。

ScreenshotLounge Review : 羽田空港(HND) JAL(JL) 国際線 サクララウンジ スカイビュー(Sakura Lounge Skyview)

Lounge Review : 羽田空港(HND) JAL(JL) 国際線 サクララウンジ スカイビュー(Sakura Lounge Skyview)

時間が来たので、搭乗ゲートへ向かいます。

機材、中の様子

今回の機材は、ボーイング B777-300ERです。

機材登録番号は、G-STBB
 
2010年から運用されている機材です。

座席

今回は、1Kの座席を予約しました。
 
座席は、こんな感じ。





BAのGold Guest Listメンバーということで、偉い人(シルバーネクタイの人)が挨拶に来てくれました。
 
 
足元は広いです。

足元にコンセントがあります。

モニタの横には、ジャケットを入れるスペースがあります。

エンターテイメント用のリモコンは内部にあります。

座席の位置は、動かしたいところのボタンを押してから、丸いつまみをグリグリ回して調節します。

ノイズキャンセリングのヘッドフォンは、専用のボックスに入っています。


アメニティグッズのバッグも、黒でかっこいいです。

パジャマは、標準的な日本人の体型ならSサイズで十分です。

トイレは普通で、広いわけではありません。

また、この機材は機内WiFiが利用できる機材だったのですが今回は使えず・・・。

食事(VGML)

今回も事前に、ヴィーガン向けの料理をリクエストしておきました。
 
食前に頼んだミルクティーですが、豆乳の用意はありませんでした。

メニューです。








食事は、こんな感じ。



最後のデザートです。

さすがイギリスの航空会社、ブリティッシュブランドのポテトチップス「Tyrrells」の用意がありました。

これ、美味しくて好きなんですよね〜 🙂
 
しばらくして、ヴィーガン向けの料理ではありませんがニョッキをいただきました。

シャンパン、白ワイン

BAファーストクラスで提供されているスパークリングワイン、白ワインのメニューです。


イギリス産スパークリングワイン、と書いてあるのが目に留まり、氣になって聞いてみました。
 
客室乗務員の方曰く、地球温暖化の影響でイギリスでもワインに適したブドウが作れるようになったんだとか。
 
珍しかったので、頼んでみました。

泡が多かったです。
 
参考価格は、こんな感じです。


今回はスパークリングワインを飲んだので、白ワインはいただきませんでした。
 
白ワインの参考価格は、こんな感じです。

MUCへダイバート


折からのヨーロッパ全体を覆う悪天候(Storm Ciara)の影響で、一度着陸を試みたものの着陸できずゴーイングアラウンド。
 
その後も着陸を試みましたが結局できず、ミュンヘン(MUC)へ向かうことに。
 
人生初のダイバートを経験してしまいました・・・^^;
 
LHR到着予定時刻から3時間後、ようやくMUCへ着きました。
 
MUCでは沖停めでした。

この日は最終目的地であるパリには行くことができず、ミュンヘンに宿泊することに。
 
急遽、ミュンヘン市内のホテルを予約しました。

ScreenshotHotel Review : メルキュールホテル ミュンヘン シティーセンター(Mercure Hotel Muenchen City Centre)

Hotel Review : メルキュールホテル ミュンヘン シティーセンター(Mercure Hotel Muenchen City Centre)

ダイバートした機材が翌日、LHRへ向かうのは15.00。
 
ホテルに着いた後、なるべく早くパリへ着くことができるよう色々航空券を検索したり電車のチケットを購入して陸路で行くことを試みたりしましたが結局、折からの嵐がミュンヘンにもやってきてミュンヘン中央駅発の電車も止まり、空港もしばらくの間閉鎖。
 
八方塞がりとなってしまいました。
 
ここまでの内容を、動画に収めてみました。

ようやくLHRへ

本来であれば15.00に飛ぶはずのMUC発LHR行の珍しいBA8便。

長い間空港で待たされ、出発したのは夜の8時。

この時点で、パリに行くことができないことが確定しました。
 
パリでコミュニティメンバーの方とお会いするのを楽しみにしていたのに・・・。
 
ようやく搭乗時間となり、タラップから機材に乗り込みます。

 
同じ機材、同じ座席、同じスタッフがお出迎え。
 
パリに行けなかったの?!と言われてしまいました^^;
 
そしてまた、アメニティグッズとイングリッシュスパークリングワインをいただきました。


2時間くらいのフライトで、ようやくLHRへ着きました。
 
日付は次の日になっていました。
 
 
長いこと旅をしていると、こんなこともありますね。
 
今回の宿泊代やらなんやらはBAが払ってくれるので金銭的な被害は少なかったですが、なんと言ってもパリに行くことができなかったのがとても痛いです・・・予約していたパークハイアットパリヴァンドームとラッフルズホテルもお預け。
 
今回はパリには来ては行けない、というかみさまの思し召しだったのでしょうか・・・。
 
また今度氣を取り直して、パリへ行きたいと思います。
 
 
今回のフライトは特典航空券によるものだったのでティアポイントの積み上げはありませんが、ティアポイントを効率よく獲得してBAのライフタイムゴールドメンバーを目指す会員制クラブ
 
BA Lifetime Gold Membership Club
 
を運営しています。
 
ただファーストクラスに乗るだけではなく、今回のような意図せぬ目的地変更にも柔軟に対応して快適に旅をするための「本物」の考え方を身につけませんか?
 
あなたのご参加をお待ちしています 😉

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea