First Class Review : 日本航空(JL) JL46 パリシャルル・ド・ゴール(CDG) – 羽田(HND) 機内食はヴィーガンミール(VGML)

First Class Review : 日本航空(JL) JL46  パリシャルル・ド・ゴール(CDG) – 羽田(HND) 機内食はヴィーガンミール(VGML)

海外での仕事を終え、久しぶりの日本航空(JL)で日本への帰路につきました。
 
前回、同じ便のビジネスクラスに搭乗しましたが、

ScreenshotBusiness Class Review : 日本航空(JL) JL46 パリシャルル・ド・ゴール(CDG) – 羽田(HND)

Business Class Review : 日本航空(JL) JL46 パリシャルル・ド・ゴール(CDG) – 羽田(HND)

今回は人生初のJLファーストクラスに搭乗です。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

JL46搭乗記

予約自体は10日くらい前に特典航空券で行いましたが、ファーストクラスの空席は驚異の5。
 
日によっては、8席も空いています。

ファーストクラス全席、特典で取れちゃいます。
 
こんな時期じゃないと、見れない数字ですね。
 
前のフライトがちょっと遅れたため、急いで搭乗ゲートへ向かいます。

ScreenshotBusiness Class Review : ターキッシュエアラインズ(TK) TK1827 イスタンブール(IST) – パリシャルル・ド・ゴール(CDG)

Business Class Review : ターキッシュエアラインズ(TK) TK1827 イスタンブール(IST) – パリシャルル・ド・ゴール(CDG)

予め電話をして、「ちょっと遅れるかもしれないので出発待ってくれると嬉しいなぁ」と申し送り事項を伝えましたが、間に合いました。
 
日本語を話すJLのフランス人のスタッフにフランス語で話しかけて、わずかながらフランス語の練習もできました。
 
搭乗ゲート近くに、日本の新聞が置いてありました。

座席

今回はボーイング B777-300ER。

 
機材登録番号は、JA738J
 
2008年から運用されている機材です。
 
座席は、こんな感じ。



「棺桶」の取扱説明書です。




今回も貸切でした。


アメニティグッズです。



座席前方に電源もありましたが、iPhoneのコンセントは差し込んでも電気を受け取ることができませんでした。
 
座席を調整するパネル。

座席横の、小物入れです。


エンタテインメントシステムのリモコンです。

モニタの大きさはこのくらいです。

この中に、ワインリストなどが入っています。


今回は、帰国後大人しくしていなさい、という誓約書も入っていました。

ウェルカムドリンクのシャンパンをいただいてみました。

参考価格です。

ノイズキャンセリングのヘッドフォン。

トイレはこんな感じです。

手を拭くタオルは、何度使ってもトイレに入る度に3枚になっていました。




ギャレーがオシャレに飾ってありました。

今回は、白いジャケットを来た人の挨拶がありました。
 
ファーストクラス搭乗 + ワンワールドエメラルドの情報がちゃんと入っていたためでしょう。
 
ベッドメイキングは、別の席にしてもらえました。

マットレスは、面によって
 
・硬め -> 疲れを取りたい時
・柔らかめ -> リラックスしたい時
 
という感じで硬さが選べるそうです。
 
今回は硬めを選択してみました。

機内WiFi

機内WiFiも利用できます。
 
ファーストクラスを利用する場合、フライト中ずっと、容量上限なしで無料で利用できるバウチャーコードをもらえます。

接続方法

Japan AirlinesというSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。

その後表示される画面で次へ進み、


プランを入力して、

プロモーションコードを入力し、



以下の画面が表示されれば、接続完了です。

通信速度計測結果


上り 116.20Mbps
下り 0.22Mbps
 
変な数字ですが、安定して利用することができました。
 
JLの機内WiFiはいつも安定していますね。

食事(VGML)

今回は事前にヴィーガンミール(VGML)をリクエストしておきました。
 
通常の食事のメニューです。




飲み物のメニュー。




こちらが、出てきたヴィーガンミール。

マーガリンもフランス発ということで、現地のヴィーガン用マーガリンが出てきました。




スープは、ちょっと胡椒が強かったです。

全日空(NH)のファーストクラスでも出てきたような感じのメインディッシュです。

デザートはやっぱり、フルーツ。

以前、JLファーストクラスに搭乗した方から聞いて氣になっていたブルーティーもいただきました。

烏龍茶と紅茶の中間くらいの味で不思議な味でしたが、美味しかったです。
 
2回目の食事です。


美味しいコーヒーをいただきました。

チョコレートはヴィーガンではありませんでした。

白ワイン、シャンパン

JLファーストクラスで提供されている白ワインとシャンパンはこんな感じです。





JLファーストクラスの代名詞・サロンは残念ながら日本発便のみ。
 
今回は、海外発便のシャンパンをいただいてみました。

参考価格は、こんな感じ。

価格相応というか何というか、とても飲みやすく素人の自分でも美味しくいただきました。
 
その他の飲み物の参考価格は、こんな感じです。



HND着


11時間くらいのフライトで、HNDに着きました。
 
VGMLのデザートについて、NHにリクエストをしたことと同じこと(フルーツ以外のデザートが出てくると、とても差別化になる)をリクエストしておきました。
 
あんまり、響いていなかったような感じでしたが・・・。
 
VGMLのデザートとして一番よかったのは、エミレーツ航空(EK)のデザートですね。

ScreenshotFirst Class Review : エミレーツ航空(EK) EK319 成田(NRT) – ドバイ(DXB) ファーストクラススイート(First Class Suite)

First Class Review : エミレーツ航空(EK) EK319 成田(NRT) – ドバイ(DXB) ファーストクラススイート(First Class Suite)

ビジネスクラスのデザートも、手を抜かずに作っている感じです。

ScreenshotBusiness Class Review : エミレーツ航空(EK) EK121 ドバイ(DXB) – イスタンブール(IST)

Business Class Review : エミレーツ航空(EK) EK121 ドバイ(DXB) – イスタンブール(IST)

また、当たり前ですが国内線でもらえるスタンプは国際線ではもらえませんでした。
 
他の人からも、結構問い合わせがあるそうです^^;
 
長距離線でスタンプがもらえれば、1回のフライトで2枚もらえますからね。

ScreenshotJAL(JL)の都道府県スタンプを1日3枚獲得するには

JAL(JL)の都道府県スタンプを1日3枚獲得するには

ただ、みんな大好きあの焼酎は、ちょっとゴニョゴニョして大量に購入できました 😀
 
何本購入できたかは・・・今度会った時にお伝えします 😛
 
 
JLとNHのファーストクラスを両方、自社ではなく提携航空会社(BAとTP、つまり外部の人間)の上級会員として体験しての改めての印象ですが、
 
NHはその場でのリクエストはあんまりだけど、顧客の意見(改善要望)は積極的に聞こうとする。
 
JLは顧客の意見はあまり真摯に取らないけど、その場でのリクエストには極力柔軟に応えてくれる。
 
という印象です。
 
個人的な感想なのであまり参考にならないかもしれませんが、少なからず合っているところはあると思います。
 
これからも、各航空会社のファーストクラスに搭乗した時に、顧客としての意見・リクエストをして、空の旅がより良いものになるように微力ながら貢献していきたいと思います。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea