Lounge Review : 香港空港(HKG) アメリカンエキスプレス センチュリオンラウンジ(American Express Centurion Lounge)

Lounge Review : 香港空港(HKG)  アメリカンエキスプレス センチュリオンラウンジ(American Express Centurion Lounge)

ロンドンへ行く際香港空港(HKG)を利用したのですが、最近アメックスプラチナカードを手に入れたので
 
アメリカンエキスプレス センチュリオンラウンジ
 
へ行ってきました。
 
中の様子を紹介したいと思います。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

ラウンジ概要

アメリカンエキスプレス センチュリオンラウンジは、出国審査を過ぎて搭乗ゲート40から60の方面に向かって行くとあります。

このラウンジは、アメックスプラチナカード以上を持っていると入ることができるんですね。
 
ユナイテッド航空(UA)やタイ国際航空(TG)、エミレーツ航空(EK)のラウンジとも近いです。

キャセイパシフィック航空(CX)のラウンジ「The Pier」に行く途中ですね。

ScreenshotLounge Review : 香港空港(HKG) キャセイパシフィック航空(CX)ラウンジ「the Pier」(ファーストクラス)

Lounge Review : 香港空港(HKG) キャセイパシフィック航空(CX)ラウンジ「the Pier」(ファーストクラス)

営業時間 :
 
5:30 – 翌0:30

受付で、クレジットカードと搭乗券を見せて中に入ります。
 
中の様子は、こんな感じです。



会議ができるようなスペースがあります。


食事のコーナーです。

日本ではあまり見ない「MÖVENPICK」というアイスクリームが置いてあります。

ちょっと食べてみましたが、「海外のアイス」の味でした。
 
シャワールームもあります。

中の様子を、動画に収めてきました。

WiFi接続方法

TheCenturionLoungeというSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。

入場時に渡されるWiFiのパスワードカードに書いてあるパスワードを入力して、

以下の画面が表示されたら接続完了です。

通信速度計測結果


上り 5.39Mbps
下り 18.31Mbps
 
問題なく、快適に利用できました。

まとめ

センチュリオンラウンジは家族カードでも入ることができるので、家族で旅行するときのために家族カードを発行しておいても良いかもしれません。
(本来の作成目的とは違うような気がしますが)
 
家族カードを発行すればプライオリティ・パスも申し込むことができるのでそれだけでHKGのラウンジは2つ確保できます。

ScreenshotLounge Review : 香港空港(HKG)プラザプレミアムラウンジ

Lounge Review : 香港空港(HKG)プラザプレミアムラウンジ

ただ、センチュリオンラウンジの中は意外と普通な感じだったので、HKGなら航空会社ラウンジ、特にキャセイパシフィック航空(CX)のラウンジの方がいいかなぁと思います。
(プラチナカードではなくセンチュリオンカードを持っていると入れる「奥の院」があるそうです)

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)