ハイアットがロンドンに初の「The Unbound Collection」をオープン

ハイアットがロンドンに初の「The Unbound Collection」をオープン

ハイアットには様々なブランドがありますが、高級ラインとして素敵なホテルを展開している「The Unbound Collection」があります。
 
2019年4月現在日本にもまだ展開されていないこのブランドですが、2018年末を目処にロンドンに初めてオープンするようです。
 
その詳細をお伝えしたいと思います。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

新しくできるホテルは

新しくできるホテルの名前は
 
Great Scotland Yard Hotel
 
といい、Covent Gardenのすぐ近くです。
 
ロンドン警視庁の別名「Scotland Yard」をモチーフとしたデザインで、隠し部屋や隠し扉なんかもあるようです。
 
外壁は、エドワード朝様式の装飾となりました。

まとめ

部屋の予約はまだできないので、価格がいくらなのかはわかりません。
 
ですが、高いのは間違いないでしょう^^;
 
ポイントでなんとか宿泊できるかな、というレベルのホテルだと思いますが、いつか宿泊してみたいと思います 🙂
 
少しずつですが、ヨーロッパにThe Unbound Collectionが増えてきています。
 
ニースにあるHôtel Martinezも元はGrand HyattだったのですがThe Unbound Collectionにブランドが変わりました。
 
他にもイスタンブール、バルセロナにもあります。
 
FCバルセロナの本拠地、カンプ・ノウの近くです。
 
あまり高すぎなくていいので、日本にも展開してもらいたいですね。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea