Hotel Review : インターコンチネンタル ロンドン O2(InterContinental London – The O2)

Hotel Review : インターコンチネンタル ロンドン O2(InterContinental London – The O2)

ちょっとイギリスへ行った際に、ロンドンで1泊したのですがIHGグループのトップティアホテル・インターコンチネンタルに宿泊しました。
 
人生初のインターコンチネンタルは、
 
インターコンチネンタル ロンドン O2
 
でした。
 
いつもの通りWifiのスピードチェックを行います。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

ホテル概要

インターコンチネンタル ロンドン O2は、TubeのJubilee line(灰色の線)・North Greenwich駅から歩いて10分弱のところにあります。
 
ロンドンヒースロー(LHR)からヒースローエクスプレスにのりPaddington駅まで来た後、Circle lineに乗りBaker Streetで乗り換えです。


駅を降りると、看板が出ています。

もうホテルが見えているので、そのまま案内にしたがって歩いていきます。
 
歩いている途中で、有名なアーティストがライブを行ったりするO2アリーナを見ることができます。


ロビーはこんな感じ。




今回はポイントによる宿泊ですが、インターコンチネンタルアンバサダーなので、アップグレード保証で1ランク上のデラックスルームにアップグレードしてもらいました。
 
さらに、チェックインもラウンジでさせてくれて、ウェルカムジュースをもらいました。
 
用意してもらった部屋は、こんな感じです。





ウェルカムフルーツが用意されていました。


チョコレートもくれました。

カードキーが、周辺のマップに包まれていました。

これが、チェックインの時にもらったジュース。

バスルームは、バスタブとシャワースペースが分かれていました。





部屋の中の様子を、動画に収めてみました。

レストラン

インターコンチネンタルは基本的に朝食は有料ですが、今回はポイント宿泊なのでほとんどコストがかかっていないため朝食を採ってみました。
 
レストランは、こんな感じ。



さすがイギリス、マーマイトのパックが置いてあります。

WiFi接続方法

Intercontinental_O2というSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。

次に表示される画面で、GUEST ACCESSまたはCONFERENCEと書いてあるところをクリック(タップ)します。

ルームナンバーと名字を入力します。

スタッフに有料のものを選んでも課金しない、と言われたので高速インターネットを選択します。


以下の画面が表示されたら、接続完了です。

通信速度計測結果


上り 6.98Mbps
下り 10.48Mbps
 
スパイアアンバサダーの特典として高速インターネットを利用できるのですが、さすが高速。
 
通話も動画のアップロードも、問題なくできました。

まとめ


ロンドンにはインターコンチネンタルが2つありますが、こちらの方が新しく、価格も安めのことが多いです。
 
ロンドン中心街からは少し離れていますが、ロンドンシティ空港(LCY)やサウスエンド空港(SEN)など、東側の空港を利用する際には乗り換えも少なく、まぁ便利なのかなと思います。
 
インターコンチネンタルは、アンバサダーになっておくとアップグレード保証があるので安心です。
 
理論上は、奮発してスイートの一歩手前の部屋を予約すれば、スイートにアップグレードしてもらえるのでタイミングを見計らってやってみようと思っています。
 
ヨーロッパのIHGグループではあまりいい思いをしていなかったので、やっぱりIHGはインターコンチネンタルクラスのホテルじゃないとダメなのかなと思いました^^;

今回写真撮影に利用したカメラとレンズ


カメラ :
Leica T シルバー Typ 701
 
iPhone
 
レンズ :
Leica Leitz ELMAR 50mm F2.8 ライカMマウント シルバー
レンズアダプタ :
LEICA T用 Mレンズアダプタ
接写リング :
ライカ Mマウント接写リング OUFRO 16469

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)