日本航空(JL)の特典航空券必要マイレージ数が改悪(2018/11/20予約分から)

日本航空(JL)の特典航空券必要マイレージ数が改悪(2018/11/20予約分から)

何気にコツコツと少しずつ貯めているJAL(JL)のマイレージ。
 
特に長距離路線で強みを発揮していたJLマイレージですが、2018/11/20 9:00(日本時間)予約分から必要マイレージ数が大部分において増加となります。
 
今までが少なすぎた、という感じもしますが、とにかく必要マイレージ数が増えるのはとても残念なことです。
 
改悪の内容を紹介します。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

改悪概要

今回の改悪は、提携航空会社のフライトを利用する場合の必要マイレージ数の増加です。
 
一部改善もありますが、それをかき消してしまうほどの改悪のオンパレード。
 
特に、一番使われるであろう移動距離6,000マイル〜25,000マイルまでの部分は軒並み上がっています。
 
2018/11/20以降の必要マイレージ数詳細は、こちらをご覧ください。
 
https://www.ar.jal.co.jp/ar/ja/jalmile/use/partner_air/p_jmb/jmb_mile_ar.html

EKフライトにお得に搭乗できたのに・・・

今回の改悪で、必要マイレージ数が増加となったゾーンの中に
 
移動距離 : 8,001 – 10,000マイル
 
があるのですが、このゾーンでエミレーツ航空(EK)を利用した成田(NRT) – ドバイ(DXB)の往復が収まっています。
 
2018/11/20 8.59まで : ビジネスクラス65,000マイル / ファーストクラス105,000マイル
 
で済んでいたのですが、
 
2018/11/20 9.00まで : ビジネスクラス85,000マイル / ファーストクラス135,000マイル
 
となり、だいぶ必要マイレージ数が多くなってしまいました。
 
JLマイレージはEKのA380機材を楽しむための有効な手段の一つなのですが、手軽さが少し失われてしまいました。
 
総移動距離が10,000マイルを超えるヨーロッパ往復なども、軒並み増加となっています。

まとめ

今回は、JLフライト分については対象外となりますがいずれJLフライトに関しても改悪がやってくるのではないかと思います。
 
これに伴い、ライバルのANA(NH)も必要マイレージ数を増加するのではないかと、今から思っています・・・。
 
また最近、キャセイパシフィック航空(CX)のアジアマイルも必要マイレージ数の改悪アナウンスがありました。

Screenshot

キャセイパシフィック航空(CX)のアジアマイルのルール変更(2018/6/22から)

キャセイパシフィック航空(CX)のアジアマイルのルール変更(2018/6/22から)

比較的寛容なワンワールドメンバーのマイレージ数も、そろそろメスが入るのでしょうかね。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA