日本航空(JL) JL121(羽田(HND) – 伊丹(ITM)) 国内線ファーストクラス ボーイング B787-8のWiFiスピードチェック

日本航空(JL) JL121(羽田(HND) – 伊丹(ITM)) 国内線ファーストクラス ボーイング B787-8のWiFiスピードチェック

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
金沢でセミナーを終えた後、JAL(JL)に搭乗して大阪へ行きました。
 
JL国内線は、機内でのWifiを無料で利用することができます。

ここぞとばかりに、スピードチェックを行いました 🙂

接続方法

Japan AirlinesというSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。

ブラウザを開くと、こんな画面が出てきます。



以下の画面が出てきたら接続完了です。

通信速度計測結果


上り 69.47Mbps
下り 0.20Mbps
 
下りの数字がイマイチでしたが、なかなか快適に利用することができました。

まとめ

今回の機材は、ボーイング B787-8です。

機材登録番号は、JA848Jです。
 
2019年から運用されている機材です。

ファーストクラスは1列、6席のみ。



HND発のメニューはこんな感じです。



シャンパン・白ワインのメニューは、こんな感じ。

参考価格です。



出てきた食事は、こんな感じでした。

無料で見ることのできる番組のチョイスセンスも、なかなかいい感じだと思います。
 
自分が見たいな、と思う番組がいくつかありました。
 
フライト自体は45分とかそんなもんなので、なかなか全部見ることはできませんが、番組自体も30分以内のものが多くあるので、1本見終わったらそろそろ着陸、という感じでした。
 
次のフライトで、続きを見ようかな。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea