Lounge Review : ロンドンヒースロー(LHR) ヴァージン・アトランティック航空(VS) アライバルラウンジ (Virgin Atlantic Airways Revival Lounge)

Lounge Review : ロンドンヒースロー(LHR) ヴァージン・アトランティック航空(VS)  アライバルラウンジ (Virgin Atlantic Airways Revival Lounge)

香港(HKG)からロンドン(LHR)までヴァージン・アトランティック航空(VS)を利用しましたが、到着後にアライバルラウンジを利用しました。
 
利用できる時間が限られているのでなかなか使えませんでしたが、やっと入ることができたのでレビューをしてみます。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

ラウンジ概要

ヴァージン・アトランティック航空(VS)アライバルラウンジは、ターミナルの到着ゲートから、エレベーターを登ったところにあります。

営業時間 :
 
5.00 – 13.00
 
 
受付を済ませて、中に入ります。

中は、こんな感じ。

VSのボーイング B747の模型が置いてあります。


軽食が置いてありますが、メニューから選んで注文をすることもできます。






ビジネス向けの机もあります。

備品もいちいちオシャレです。

有料ですがスパもあります。

トイレは個室です。

手を拭くタオルは紙ではなく、本当のタオルでした。

中の様子を、動画に収めてみました。

WiFi接続方法

Virgin Atlantic RevivalsというSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。

メニュー内に表示されているパスワードを入力して、接続完了です。

通信速度計測結果


上り 36.49Mbps
下り 17.29Mbps
 
かなり高速です。
 
あまり利用はしませんでしたが、ストレスなく使えました。

まとめ


今回はあまりお腹が空いていなかったので食べ物は注文しませんでしたが、コーヒーはマシーンで一杯ごとに挽いて作るものではなく、ちゃんと淹れたものだったので美味しくいただけました。
 
シャワーもあるので、リラックスして時間を過ごすことができると思います。
 
今度は、食べ物も注文してみたいと思います。
 
また、ラウンジの中で自分が目指しているVSライフタイムゴールドメンバーと会って話をすることができました。
 
もう20年近く、VSを利用してアジアやアメリカを飛び回っているそうですが、VSが日本に就航していた頃はよくVSを利用して日本へ来ていたそうです。
 
だからすぐにマイレージが貯まったんですね。
 
自分も頑張って早くライフタイムゴールドメンバーになります!と誓って、ラウンジを後にしました。

今回写真撮影に利用したカメラとレンズ


カメラ :
Leica T シルバー Typ 701
 
iPhone
 
レンズ :
LEICA(ライカ) エルマリート TL f2.8/18mm ASPH. シルバー
 
動画 :
OSMO POCKET

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea