スカイチームメンバーのラウンジアクセスについて

スカイチームメンバーのラウンジアクセスについて

自分は、スカイチームが好きです。
 
2022年9月現在、日本においてスカイチームに加盟している航空会社はありませんが、日本へ就航している航空会社は数多くあります。

Screenshot

日本人とスカイチーム

日本人とスカイチーム

特に好きなのはやっぱりエールフランス航空(AF)ですね。
 
ファーストクラスは、何度乗ってもいいものです。

AFファーストクラスに搭乗するためにFlying Blueプラチナステータスを維持していると言っても過言ではありません。
 
AFファーストクラスラウンジは、AFのファーストクラスに搭乗する人でないと利用することができませんが、その他の航空会社にも独自のルールがあります。
 
グローバルな3大航空会社アライアンスの素晴らしい点のひとつは、旅行者のためにラウンジの相互利用を提供していることです。この記事では、空港ラウンジアクセスのニュアンスを理解することは複雑であるため、スカイチーム・アライアンスのラウンジアクセス・ポリシーについて詳しく見て行きたいと思います。

一般的な経験則として、スカイチームのエリート・プラスのステータスをお持ちの方、またはファーストクラスやビジネスクラスでご旅行の方は、国際線のラウンジをご利用いただけるとお考えいただくとよいでしょう。しかし、デルタ航空で米国内を含む国内旅行をする場合は、一般的にその限りではありませんので、その点についても触れておきます。

まず、スカイチームアライアンスの基本を説明し、次に、ファーストクラスおよびビジネスクラスで旅行する場合、およびスカイチーム・エリート・プラスのステータスを持つ場合のラウンジアクセスに関するアライアンスの方針についてお話します。スカイチームのラウンジ利用規則の基本については、いつでもスカイチームのラウンジ検索を参照することができます(ただし、この記事ではさらに簡略化して説明します)。

別の記事で、ワンワールドとスターアライアンスのラウンジ・アクセス・ポリシーを取り上げる予定です。一般的に、ワンワールドが最も寛大なラウンジアクセス・ポリシーを持っており、次いでスターアライアンス、そしてスカイチームの順になっていると思います。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
自分が知っている範囲で、ルールをまとめてみました。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

スカイチームについておさらい

スカイチームアライアンスは2022年9月現在、18社の航空会社が加盟しており、ワンワールドよりも規模が大きく、スターアライアンスよりも小規模なアライアンスです。
 
2000年にアエロメヒコ航空(AM)、エールフランス航空(AF)、デルタ航空(DL)、大韓航空(KE)の4社によって設立されたアライアンスです。
 
アルゼンチン航空(AR)
デルタ航空(DL)
サウディア(SV)
アエロメヒコ航空(AM)
ガルーダ・インドネシア航空(GA)
タロム航空(RO)
エア・ヨーロッパ(UX)
ITAエアウェイズ(AZ)
ベトナム航空(VN)
エールフランス航空(AF)
ケニア航空(KQ)
廈門航空(MF)
チャイナエアライン(CI)
KLMオランダ航空(KL)
中国東方航空(MU)
大韓航空(KE)
チェコ航空(OK)
ミドルイースト航空(ME)
 
アエロフロート・ロシア航空(SU)が脱退させられてしまったのはとても残念です。

ラウンジアクセスのルール

ファーストクラス、ビジネスクラスラウンジ

スカイチーム国際線のファーストクラスおよびビジネスクラスを利用する搭乗客は、スカイチームの指定ビジネスクラスラウンジを利用できます。
 
ファーストクラスまたはビジネスクラスの航空券があれば、同日の旅行中、いつでも利用できます。
 
ラウンジの利用は出発地と乗り継ぎ地のみとなり、到着地では利用できません。
 
乗り継ぎの場合、国内線と国際線の両方がスカイチーム加盟航空会社の運航便であり、全区間がファーストクラスまたはビジネスクラスで予約されていることが必要です。
 
ラウンジへの同伴者の入場はできません。
 
ラウンジを利用するには、現金またはマイレージで航空券の代金を支払う必要があります。
 
ここで注目すべきは、アライアンスレベルでは、ファーストクラスの乗客は特別なラウンジを利用できないということです。
 
上述の通り、AFファーストクラスラウンジはAFのファーストクラス搭乗客のみが利用でき、他の航空会社のファーストクラス搭乗客は利用することができません。


ファーストクラスの乗客が特別なラウンジを利用できないということではなく、プレミアムラウンジの利用は航空会社の判断によるものであり、アライアンスのポリシーによるものではありません。
 
スカイチームでは、AF, MU, GA, KE, SV, MFが国際線ファーストクラスを運航しています。
 
これらの航空会社は、ほとんどがファーストクラスの専用ラウンジを持っていますが、ファーストクラスで旅する人のために提供される相互ラウンジアクセスはありません。

スカイチーム・エリート・プラスのラウンジ利用

スカイチームには、エリートおよびエリート・プラスの2つのエリートレベルがあります。
 
エリート・プラス会員の方は、国際線利用の際に、ステータスに応じてラウンジを利用できます。
 
搭乗クラスに関係なく、同日の旅行中ずっと利用できます。
 
ラウンジの利用は出発空港と乗り継ぎ空港のみとなり、到着空港ではご利用になれません。
 
乗り継ぎの場合、国内線と国際線の両方がスカイチーム加盟航空会社による運航便である必要があります。
 
同伴者は1名までとし、その方もスカイチーム便を利用する必要があります(スターアライアンスのように、同一便である必要はありません)。
 
アメリカとカリブ海地域の間の移動は国内線扱いとなります。
 
DLの上級会員は、スカイチーム加盟航空会社のラウンジのみ利用可能であり、航空会社の提携ラウンジは利用できません。
 
ラウンジを利用するには、現金またはマイレージで航空券の代金を支払う必要があります。
 
エリート・プラス会員がエコノミークラスに搭乗する場合にはアメリカ国内ではラウンジを利用できません。
 
これは、ワンワールドやスターアライアンスでは、アメリカ以外の航空会社のステータスを獲得していればアメリカ国内のラウンジを利用できるのと対照的です。
 
DLの米国内のファーストクラスまたはビジネスクラスの航空券では、限られたプレミアムルートを除いて、通常ラウンジを利用することはできません。
 
エリート・プラスのステータスでは、アメリカ国内のデルタ・スカイクラブを利用することはできません。
 
逆に、サウジアラビア・ジェッダ(JED)のSVラウンジは、エリート・プラス会員であればファーストクラスエリアを利用することができます。

Screenshot

Lounge Review : ジェッダ空港(JED) サウディア(SV) Alfursanラウンジ

Lounge Review : ジェッダ空港(JED) サウディア(SV) Alfursanラウンジ

まぁ、自分はアメリカへは行かないので影響はないですが 😛

まとめ

アライアンス毎にラウンジアクセスのルールが微妙に異なるのは興味深いところです。
 
いずれのアライアンスも、アメリカキャリアが自国のラウンジ利用に制限があるのは変わりがなさそうです。
 
とりあえず今の目標としては、
 
・近いうちに、最近羽田空港(HND)にオープンしたDLのラウンジを訪れる
・SVファーストクラスに搭乗する
 
ですね。
 
いずれも、1年以内に達成します 🙂

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA