京都に日本初のヒルトンラグジュアリーブランド「LXR」が2021年秋オープン

京都に日本初のヒルトンラグジュアリーブランド「LXR」が2021年秋オープン

ヒルトンのホテルブランドはいくつかありますが、いわゆる「ラグジュアリーブランド」として
 
LXR
 
というブランドがあります。
 
2020年2月現在、
 
ドバイ
ロンドン
アンギラ
 
にありますが、このホテルブランドが2021年秋に京都にオープンすることになりました。
 
施工会社、運営会社はどこなのか?ちょっと調べてみました。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

京都にヒルトンがやってくる

今回LXRのフランチャイズとしてホテルを運営するのは東急不動産。
 
しょうざんリゾート京都
 
の中にオープンします。
 
地下鉄北大路駅からバスでに乗って行きます。
 
場所 :
https://www.google.co.jp/maps/@35.049787,135.733949,17z
 
このしょうざんリゾート京都の中には、東急不動産が開発した会員制リゾートホテル「東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯&VIALA」があります。
 
東急不動産は軽井沢にあるCurio Collectionも運営しており、ヒルトンと提携するのは2軒目です。
 
また、ヒルトンが京都に進出するのも初めてとなります。
 
客室は、114室。
 
スイートルームが何室になるのかは、まだ不明です。

ヒルトンのホテルオープン計画

ヒルトンはアジア太平洋において、
 
Tapestry Collection
 
のオープンも計画していて、
 
台北 : Hotel Resonance Taipei(2020年末オープン予定)
クライストチャーチ : The Modern Christchurch(2021年3Qオープン予定)
 
の予定となっています。
 
ヒルトンは2018年に台北に再上陸して以来、軒数をどんどん増やしていますね。

Screenshot台北にヒルトンが帰って来ました

台北にヒルトンが帰って来ました

またヒルトンは日本において以下の場所に以下のホテルをオープン予定です。
 
ヒルトン沖縄瀬底リゾート : 2020年7月1日オープン予定
ヒルトン長崎 : 2021年11月オープン予定
ヒルトン広島 : 2022年オープン予定
ヒルトン札幌パークホテル : 2023年オープン予定
 
ダイヤモンドステータス特典によって快適に滞在できるホテルが増えるのはありがたい一方、ダイヤモンドメンバーに対する対応の質が低下しないかちょっと心配です。

まとめ

いずれのホテルも宿泊代は高いですが、ドバイのオフシーズンであれば比較的安い料金で宿泊できそうです。
(JPY20,000以下)
 
京都には続々と高級ホテルがオープンしています。
 
観光客の数も毎年増えているそうですが、市バスの混雑問題が解消するのはだいぶ先になりそうですね・・・。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

マイレージの無料メルマガ講座も受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea