ルフトハンザグループのマイレージプログラム「Miles & More」の必要マイレージ数が変動制へ

ルフトハンザグループのマイレージプログラム「Miles & More」の必要マイレージ数が変動制へ

以前、ユナイテッド航空(UA)の特典航空券予約に必要なマイレージ数が需要と供給に応じた変動制になることをお伝えしましたが、

Screenshotユナイテッド航空(UA)の特典航空券必要マイレージ数が変動制に

ユナイテッド航空(UA)の特典航空券必要マイレージ数が変動制に

今度はルフトハンザグループの番のようです。
 
具体的な時期は明らかにはなっていませんが、近いうちにMiles & Moreのルールも変更にとなりそうです。
 
この変更を少し紹介します。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

変動制はトレンドなのか

UAやLHだけでなく、エールフランス航空(AF)やKLMオランダ航空(KL)のFlyingBlueも必要マイレージ数は変動制となっており、近々ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)も変動制になると言われています。
 
航空券の料金に加えて、特典航空券の必要マイレージ数も今後は固定ではなく変動制となっていく流れなんでしょう。

まとめ

Miles & Moreの特典航空券必要マイレージ数は基本的に高めに設定してあるので自分は利用していないのですが、たまにキャンペーンでヨーロッパまでのビジネスクラスが往復70,000マイルになったりするのでそれ狙いでマイレージを貯めておくのもありなのかもしれません。
 
必要マイレージ数が変動制となると、ますます必要マイレージ数が多くなることが考えられるのですが、マイレージを以下に少ないコストで確保するかが問題となってきます。
 
特に、Miles & Moreについては購入はできないため、フライト以外での獲得が難しい状況となっています。
 
ですが、6月と7月に開催するJPY1.6セミナーでお伝えする内容を実践すれば、Miles & Moreであっても1マイルあたりJPY1.6で獲得することが可能です。
 
陸マイラー活動が難しいMiles & Moreのマイレージが必要なあなたのセミナーご参加をお待ちしています! 😉
 
https://voyageavance.global/jpy16-seminar-description

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea