プラザプレミアムラウンジの回数券「ラウンジパス(Lounge Pass)」が登場

プラザプレミアムラウンジの回数券「ラウンジパス(Lounge Pass)」が登場

先日、プライオリティ・パスではプラザプレミアムラウンジを利用できなくなることをお伝えしました。

Screenshot

プライオリティ・パスでプラザプレミアムラウンジが利用できなくなります(2021/7/1から)

プライオリティ・パスでプラザプレミアムラウンジが利用できなくなります(2021/7/1から)

その代わり、という訳ではないと思いますが、プライオリティ・パスは相次いで別のラウンジを利用できるようにしました。
 
例えば、成田(NRT)、羽田(HND)のANAラウンジ。
 
HNDでようやく、プライオリティ・パスを使ってまともなラウンジを利用できることになりましたが、ただでさえNHの上級会員が増えている今、これから需要が回復してきたら今まで以上にラウンジが混んでしまうのではないかと危惧しています。
 
一方、プライオリティ・パスと契約を解消したプラザプレミアムラウンジも、新たな施策を行っています。
 
ラウンジ利用の回数券なのですが、その詳細をお伝えします。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

プラザプレミアムの回数券

新しくプラザプレミアムが発表した回数券「ラウンジパス」は、世界各地のプラザプレミアムラウンジを利用できるものです。
 
・2回の利用でGBP54
・4回の利用でGBP108
・6回の利用でGBP142
 
どうやら、プラザプレミアムはがラウンジパスにもっと大きな計画があるようです。
 
同社は最近、提携するラウンジの数を大幅に増やしたり、新たなパートナーシップを構築するなど、積極的な動きを見せています。
 
近い将来、プライオリティ・パスに対抗するために、他の独立したラウンジがこのラウンジパスを利用できるようになるかもしれません。
 
例えば、最近プライオリティ・パスと提携解消したNo1ラウンジが、このラウンジパスを利用利用できるようになれば、この回数券魅力的なものになるでしょう。

まとめ

回数券の詳細は、こちらの公式サイトをご覧ください。
 
日本にはプラザプレミアムラウンジはまだありませんが、アジアには結構多くのプラザプレミアムラウンジがあります。
 
個人的には、アメックスプラチナ保有で利用できるグローバルラウンジコレクション + プライオリティ・パスで十分かなと思っていますが、プラザプレミアムラウンジは、空港のラウンジの中では群を抜いてクオリティが高いと思っています。
 
最近で言うと、2020年7月にロンドンヒースロー(LHR)のターミナル2にあるプラザプレミアムラウンジへ行きましたが、それ以来行くことができていません。
 
ドバイ(DXB)にもターミナル3のコンコースAにプラザプレミアムラウンジがありますが、この前は行きそびれてしまいました。
 
また、クアラルンプール(KUL)や香港(HKG)のプラザプレミアムファーストラウンジも、また訪れたいですね。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA