アコーとパリ・サンジェルマン(PSG)のPVに出演させていただきました!

シンガポール・チャンギ空港(SIN)ターミナル4のキャセイパシフィック航空(CX)ラウンジが営業再開

シンガポール・チャンギ空港(SIN)ターミナル4のキャセイパシフィック航空(CX)ラウンジが営業再開

シンガポール・チャンギ空港(SIN)では、航空会社のラウンジ再開の朗報があります。
 
2023年2月に、ターミナル4のキャセイパシフィック航空(CX)のラウンジのシャッターが上がり、SINのワンワールド最後の施設が2020年3月以来初めて復帰する予定です。
 
詳細をお伝えします。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

CXラウンジが戻ってくる

SINにおいては、2020年3月にターミナル4から全ての航空会社が移転となりました。
 
CXは2022年9月に再びターミナル4に移転しましたが、専用ラウンジ施設はこれまで閉鎖されたままでした。
 
2023年2月末にCXラウンジの営業が再開される予定です。
 
2月は、CXのシンガポール発香港行きが、毎日午前1時25分、午前10時、午後2時5分、午後6時の280席のエアバスA350-900型機で、1日4便に増便される時期とも重なります。
 
ラウンジの営業時間ですが、
 
午前7時からその日の最終便まで(現在は午前1時25分)となります。
 
これにより、午前10時発の香港行きCX658便の3時間前にチェックインカウンターがオープンすると同時に、午前1時25分発のCX714便まで利用できるようになります。
 
CXは、香港の検疫や検査に関する規制が緩和された今、2023年末までに2020年前のスケジュールの75%まで増加させることを計画しているため、いずれはこのようなフライトオプションが増えるでしょう。

ラウンジの利用について

CXラウンジを利用できる搭乗客は、以下の通りです。
 
キャセイパシフィック航空のフライト、またはワンワールド・アライアンス加盟航空会社の運航便でご搭乗の場合。
 
・ファーストクラスまたはビジネスクラス搭乗客
・プレミアムエコノミークラスまたはエコノミークラスで、キャセイダイヤモンド・インビテーション、ダイヤモンド・プラス、ダイヤモンド、ゴールド、シルバー、またはキャセイパシフィック・カーゴ・クランエリートのステータスを保有している人
・プレミアムエコノミークラスまたはエコノミークラスで、ワンワールドサファイヤまたはエメラルドのステータスを保有している人
・搭乗日当日、または翌日午前6時以前に、ファーストクラスまたはビジネスクラスで到着し、飛行時間が5時間を超えるワンワールド・アライアンス販売・運航便間で乗り継ぐ場合(例:カンタス航空(QF)ビジネスクラス SYD-SIN とCXエコノミークラス SIN-HKG の乗り継ぎ)
-> この場合、ラウンジのご利用には到着した長距離便の搭乗券を見せる必要があります
 
CXダイヤモンドメンバーは2名の同伴を、キャセイゴールド・エリート・カーゴクランエリート・ワンワールドエメラルド・ワンワールドサファイアメンバーは1名をラウンジに同伴できます。
 
CXマイレージの会員(ステイタスは問いません)で、11,000マイルでラウンジを利用することもできます。
 
T1またはT3からワンワールド航空会社で出発の人は、トランジット(出国審査後)エリアを結ぶバスでT4まで移動し、CXのラウンジを利用できますが、移動時間が長く、往復で約45分かかるため、ちょっと時間がかかってしまいます。
 
残念ながらシャワー設備はありません。

その他のCXラウンジも営業再開

2022年後半、CXはロンドン・ヒースロー空港(LHR)、上海浦東(PVG)、東京羽田(HND)のラウンジもリニューアルオープンしました。
 
さらに、香港国際空港(HKG)のザ・ウィング・ファーストクラス・ラウンジ(ゲート1-4付近)とザ・ピア ビジネスクラス・ラウンジ(ゲート65付近)は、出発ゾーンの分離が解除されたことにより、対象のすべての出発客と乗り継ぎ客に完全に再開されました。
 
これでまた、ウィングのキャセイ温泉に入れるわけですね 🙂

まとめ

以前このCXラウンジを利用したことがありますが、残念ながら担々麺はありませんでした。

Screenshot

Lounge Review : シンガポール空港(SIN) ターミナル4 キャセイパシフィック航空(CX)ラウンジ

Lounge Review : シンガポール空港(SIN) ターミナル4 キャセイパシフィック航空(CX)ラウンジ

SIN発着のCXに搭乗する機会はなかなか少ないですが、SINのCXラウンジで担々麺が食べられるようになったら利用してみたいと思います。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA