Lounge Review : シンガポール空港(SIN) ターミナル4 キャセイパシフィック航空(CX)ラウンジ

Lounge Review : シンガポール空港(SIN) ターミナル4 キャセイパシフィック航空(CX)ラウンジ

シンガポールから日本へ帰る際、シンガポール空港(SIN)ターミナル4に新しくできたキャセイパシフィック航空(CX)のラウンジへ行ってみました。
 
CXがターミナル4に移動してから初めてSIN発のフライトを利用したので、ラウンジを訪れることができました。
 
中の様子レビューです。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

ラウンジ概要

CXのラウンジは、SINのターミナル4、エレベーターを上がったところにあります。

入り口からかっこいいですね。

営業時間 :
 
4.00 – 最終便出発まで
 
 
ラウンジの中は、こんな感じです。

最近できたラウンジなので、羽田(HND)と同じデザインです。










ゆったりと座ることのできる椅子が用意されています。


食べ物のコーナー。


お茶も統一されたブランドのものです。


もちろん、ヌードルバーもあります。


残念ながら、担々麺はありません。

シーフードラクサをいただいてみましたが、結構辛かったです。

中の様子を動画に収めてみました。

シャンパン、白ワイン

CXラウンジにはシャンパンはおいてありませんでした。
 
白ワインは2銘柄です。

白ワインの参考価格は、こんな感じ。

(JPY600くらいです)

どれも甘くありませんでしたが、Whale’s Taleの白ワインはこんなに高くありません^^;
 
JPY1,000くらいで購入できます。

WiFi接続方法

Cathay Pacific LoungeというSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。

パスワードは、不要です。

規約やら何やらが書いてあるページが表示されるので、”Accept”をタップ(クリック)します。

以下の画面が表示されれば接続完了です。

通信速度計測結果


上り 8.74Mbps
下り 6.39Mbps
 
問題なく利用することができました。

まとめ


安定のCXラウンジですね。
 
担々麺がないのは残念ですが、安定のデザイン・安定のヌードルバーでゆったりとした時間を過ごすことができます。
 
今回は深夜便を利用した際に訪れましたが、人も少なくビジネススペースで静かに仕事をすることができました。

今回写真撮影に利用したカメラとレンズ


カメラ :
Leica T シルバー Typ 701
 
iPhone
 
レンズ :
LEICA(ライカ) エルマリート TL f2.8/18mm ASPH. シルバー

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA