シンガポール航空(SQ)の座席アップグレードがキャッシュでできるようになりました

シンガポール航空(SQ)の座席アップグレードがキャッシュでできるようになりました

シンガポール航空(SQ)は2016年7月に
 
mySQupgrade
 
というオークション形式のプログラムを開始し、エコノミーからプレミアムエコノミーへのアップグレードを現金で落札できるようになりました。
 
これは最終的にビジネスクラスへのアップグレードにも適用され、現金またはSQマイレージで入札できるようになりました。
 
自分も過去に、一度利用したことがあります。

Screenshot

シンガポール航空(SQ)の有償アップグレード入札をやってみた

シンガポール航空(SQ)の有償アップグレード入札をやってみた

そして更にSQはmySQupgradeに更新を加え、期間限定で入札によるアップグレードを固定料金でできるようになりました。
 
さらに、ファースト/スイートキャビンのアップグレードも可能になりました。
 
これでSQファーストクラスに近づくことができるか?調べてみました。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

新しいシステムの概要

旧システムでは、出発の50時間前までアップグレードの入札を行うことができました。
 
入札には最低価格が設定され、現金またはSQマイレージのいずれかを使用することができました(ただし、両方の混在は不可)。
 
5色のメーターで入札の「確度」を知ることができましたが、実際は安い入札金額でも落札できることが結構あったようです。
 
新しいシステムでは、もう入札はありません。
 
出発の72時間以内に、SQからアップグレード価格を提示され、支払いと同時にすべてのアップグレードが確定されます。
 
アップグレードはすべて現金(クレジットカード)での支払いとなります。
 
SQマイレージでの支払いはできなくなりました。
 
マイレージ予約による特典航空券もアップグレードの対象になり、スイート/ファーストクラスへのアップグレードも可能になりました。
 
ただ、問題はその料金。
 
例えば、シンガポール(SIN)発ロサンゼルス(LAX)行ビジネスクラスをファーストクラスへアップグレードする場合、SGD4,560(JPY385,000)くらいかかるようです。
 
また以下の場合、アップグレードはできませんのでご注意ください。
 
・SQが航空券を発券していないフライト
・SQ運航ではないフライト
・9人以上の予約
・幼児を含む予約
 
mySQupgradeですでにアップグレードされた区間に対して、さらにアップグレードを適用することはできません。
 
したがって、プレミアムエコノミークラスのアップグレード料金を支払い、その後ビジネスクラスにアップグレードすることはできません。
 
また、搭乗後に加算されるマイレージは、アップグレード前のブッキングクラスが基準となります。
 
事前に座席指定や追加手荷物の料金を支払っている場合は、アップグレードに成功した時点でSQに払い戻しを依頼する必要があります。
 
アップグレードそのものに対しては払い戻しできませんが、航空券については元の運賃ルールに基づき、払い戻し可/不可が決定されます。

まとめ

今回の変更詳細は、こちらのSQ公式サイトをご覧ください。
 
https://www.singaporeair.com/en_UK/us/plan-travel/yourbooking/mysqupgrade/
 
ヨーロッパ行きのフライトをファーストクラスへアップグレードする場合いくらかかるのか不明ですが、もしかしたらマイレージで最初から予約した方がお得だったりするかもしれません。
 
SQファーストクラスは、旧型のエアバス A380機材で搭乗した事がありますが新型はまだありません。
 
A380が退役となってしまう前に、早いうちに搭乗しておこうと思います。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA