パリで荷物を預けるには。コインロッカーはあるのか?

パリで荷物を預けるには。コインロッカーはあるのか?

近々、エールフランス航空(AF)のファーストクラスに2区間、搭乗してきます。


1年ぶり2回目。
 
合計17時間以上、AFファーストクラスを体験できるのでとても楽しみなのですが、パリ・シャルル・ド・ゴール空港(CDG)のファーストクラスラウンジもとても楽しみにしています。
 
さらに、このフライトはパリでの乗り継ぎ時間がとても長いので、ちょっとライフワークを行ってこようと思います。
 
フランスへ入国しますが、宿泊はしません。
 
そんな場合、荷物はどうするのか?
 
荷物を一時的に預けることのできる場所を、少し調べてみました。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

乗り継ぎ時間に何をするのか

AFファーストクラスで、パリ(CDG)に到着して次のフライトまで、10時間以上あります。
 
その時間ずっと、ファーストクラスラウンジにいるのはちょっと勿体無いので、一旦フランスに入国して、ライフワークである「フランス全県制覇の旅」をしてこようと思っています。

今回行く予定の県は、県番号51・マルヌ県です。
 
県庁所在地は、シャロン=アン=シャンパーニュというところですが、この県にはシャンパンで有名なランス(Reims)もあります。
 
そしてもう一つ、この県には
 
サン=ルミ=アン=ブズモン=サン=ジュネ=エ=イソン(Saint-Remy-en-Bouzemont-Saint-Genest-et-Isson)
 
という都市があります。
 
ここは、フランスで一番長い地名の都市です。
(郵便番号 : 51290)
 
フランス最長の名前を持つ都市にも、少し足を運んでみたいと思っています。

パリで荷物を預けられる場所

県庁所在地とフランスで一番長い地名を移動するのに、スーツケースがあってはちょっと面倒。
 
ホテルにも宿泊せず、CDGから直接移動の予定なので、どこかにスーツケースを置きたいところです。
 
そこで、空港周辺・パリ市内で交通の便も良い場所で、荷物を預かってくれる場所を調べてみました。

CDG

シャルル・ド・ゴール空港(CDG)のターミナル2Eと2Cの間に、
 
Bagages du Monde
 
という荷物預かり所があります。
 
シェラトンの目の前です。
 
預ける時間と重さによって料金は変わりますが、例えば24時間以内・重さ9キロまでの物を預ける場合はEUR15です。

パリのターミナル駅

空港以外では、大きな駅には大体ロッカーがあるようです。
 
北駅(パリ・ノール/Gare du Nord) : 毎日6時15分-23時15分(地下1階)
東駅(パリ・エスト/Gare de l’Est) : 毎日7時30分-22時30分(地下1階)
モンパルナス駅(Gare Montparnasse) : 毎日7時-22時(ホール1、2階)
リヨン駅(Gare de Lyon : 毎日6時15分-22時(ホール3、地下1階)
オステルリッツ駅(Gare d’Austerlitz) : 毎日6時-22時(セクタールート1~2)
 
料金は荷物のサイズによって、24時間でEUR5.5からEUR9.5です。
 
さらに安いところだと、
 
CITY LOCKER
 
というサービスもあります。
 
サイト内の、アジア系の言語は日本語だけ、という、とても好感が持てるサイトです。
 
予約をする必要がありますが、1日あたりEUR2で預けることも可能のようです。

まとめ

ホテルのチェックインまで時間がある場合や滞在最終日、ホテルをチェックアウトした後に荷物をどこかに預けて、パリ市内を観光したいケースは結構あると思います。
 
自分のように、乗り継ぎ時間をうまく利用して市内を観光するケースだってあるでしょう。
 
荷物をお得に預けられる場所を知っていれば、より快適に市内観光をすることができます。
 
自分もカメラ一つ持って、素敵な写真・動画を撮りたいと思います 😉

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA