北京の新しい空港「北京大興国際空港(PKX)」を利用する航空会社まとめ(2019年10月現在)

北京の新しい空港「北京大興国際空港(PKX)」を利用する航空会社まとめ(2019年10月現在)

2019年9月末に開港した、北京大興国際空港(PKX)。
 
最終完成は2025年ですが、徐々に利用できる範囲が広がります。
 
既に新しい空港に就航する航空会社が決まっているので、少しまとめてみました。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

PEKの現状

現在北京には
 
・北京首都空港(PEK)
・北京南苑空港(NAY)
 
という2つの空港がありますが、NAYの方は国内線のみの利用でPKXの開港と共に利用されなくなります。
 
PEKは既に飽和状態らしく、年間8,600万人以上が利用していて空港の処理能力が限界に達していました。
 
一度PEKで乗り換えを経験したことがありますが、あの乗り換えはできることなら2度と体験したくないですね・・・^^;
 
ちなみに、北京の都市コードはPEKですが、この中にPEKとNAYの2つの空港が含まれています。
 
今後は、オンライン予約サイトなどで「PEK」発とかで検索すると、PEK発・PKX発のフライトが出てくるようになります。

PKX就航航空会社

2019年12月現在、就航が決まっている航空会社は以下の通りです。

ここをタップして表示Close
航空会社 就航地 備考
中国国際航空(CA) 上海浦東(PVG)、深圳(SZX)など中国国内
中国東方航空(MU) パリ(CDG)、羽田(HND)、清州(CJJ)、モスクワ(SVO)など
中国南方航空(CZ) パリ(CDG)、羽田(HND)、ソウル(ICN)、モスクワ(SVO)など
北京首都航空(JD) 釜山(PUS)
中国聯合航空(KN) 清州(CJJ)、大邱(TAE)
ブリティッシュ・エアウェイズ(BA) ロンドンヒースロー(LHR)
フィンエアー(AY) ヘルシンキ(HEL) 2019年11月から
マレーシア航空(MH) クアラルンプール(KUL) 2019/12/31から
LOTポーランド航空(LO) ワルシャワ(WAW)
ロイヤルエアモロッコ(AT) カサブランカCMN) 2020/1/16から
ロイヤルブルネイ航空(BI) バンダルスリブガワン(BWN)
ヒマラヤ航空(H9) カトマンズ(KTM)
デルタ航空(DL) デトロイト(DTW)、シアトル(SEA) 2020/3/28から

この後徐々にワンワールドメンバー、スカイチームメンバーがPKXへ移動し、CAをはじめとするスターアライアンスメンバーが引き続きPEKに残る予定です。
(現時点でLOがPKXを利用するのが謎ですが)

まとめ

新空港開業と同時に北京地下鉄新機場線が開業して、北京市内からPKXまで約20分程度で行けるようになります。
 
BAも新しい空港を利用することになるので、利用する可能性が高そうです。
 
空港の中はどんな感じなのか、乗り換えはどれくらいスムーズになったのか、チェックしてみたいですね! 🙂

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

マイレージの無料メルマガ講座も受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea