ユナイテッド航空(UA)のマイレージでハワイの島間を無料でフライトしよう

ユナイテッド航空(UA)のマイレージでハワイの島間を無料でフライトしよう

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
ハワイへ行くためにユナイテッド航空(UA)のマイレージを貯めている方も多いのではないかと思います。
 
今日はそんなハワイ大好きなあなたのために、UAマイレージのハワイでのお得な使い方をシェアします。

改善があった

今まで、ハワイ・オアフ島のホノルル(HNL)以外の島へ飛行機を乗り継いで行く場合、ハワイ間のフライトには片道6,000マイルかかっていました。
 
それが現在は、0マイルになっています!
 
実際に見てみましょう。
 
例えば、日本からホノルル(HNL)まではエコノミークラス片道25,000マイルなのですが、さらにハワイ島のヒロ(ITO)へ行く場合も、今までは31,000マイルであったところ25,000マイルで行けるようになりました。

しかも、1日1便だけでなく数便の空きがあります。
 
さらに、最近ハワイアン航空(HA)が直行便を就航させるようになり話題となっているコナ(KOA)にも、同じく25,000マイルで行くことができます。

秘密は、UAの提携航空会社にあり

UAがスターアライアンスメンバー以外で独自にマイレージ提携を行っているハワイ拠点の航空会社として、
 
ハワイアン航空(HA)
・アイランドエアー(WP)
 
があります。
 
この2航空会社で、ハワイ州ほぼ全域を網羅しているんですね。

NHもHAと提携をしているが・・・

これが、同じくHAとマイレージ提携を行っているNHのサイトで検索すると、TYO – HNLの空きはあるもののHNL乗り換えのKOAやITO、ハワイ州の島間では全く空きがありませんでした。
 
ローシーズンだとエコノミークラスで往復35,000マイルで行くことができますが、+ 燃油サーチャージを払わなくてはいけません。
 
ハワイが好きだけどNH機材じゃないとやだ!という方以外は、UAマイレージを貯めた方が確実にハワイ・特にオアフ島以外の島々へ行けそうです。

注意点

UAマイレージが25,000マイルとなるのは、乗り換え時間が23時間以内のフライトに限ります。
 
HNLに何日か滞在して、その後さらにKOAへ、という場合には今まで通り6,000マイルがかかります。
 
ただし、往復の旅程で予約をした場合には、HNLでストップオーバーをすることができます。
 
HNLにも滞在したいという方は、往復で予約した方がお得かもしれないですね。

更に一工夫して

乗り換え時間が23時間以内であれば片道マイレージ数でフライトできるというルールを利用して、ハワイの島をできる限り多く巡ることもできます。
 
まずは、HAの就航路線図を見てください。

ハワイの島々を、ほぼ網羅しています。
 
ここで、UAマイレージをお得に使うルートを考えましょう。
 
例えば。
 
日本からホノルル(HNL)乗り換えでマウイ島のカフルイ(OGG)までの往復航空券を50,000マイルで取得します。
 
その後、別の予約として、OGGからカウアイ島のリフエ(LIH)へ行くのに、コナ(KOA)で乗り換えるような路線を探します。
 
KOAでの乗り換え時間が長ければ長いほど、OGGでの滞在を楽しむことができますね。
 
ここまででまず、6,000マイルかかります。
 
更に、LIHからOGGに帰る際、直接帰ることもできますが
 
LIHからHNL乗り換え -> ヒロ(ITO)乗り換え -> OGG
 
というかなり遠回りな旅程も、6,000マイルです。
 
都合、プラス12,000マイルで、オアフ島、マウイ島、カウアイ島、ハワイ島を訪れることができちゃいます!
 
こんな使い方ができるのは、UAマイレージだけです。

まとめ

今回の変更は、あまり知られていないもののハワイが大好きな方にはとてもよい改善になったと思います。
 
自分はハワイといえばマカデミアナッツとコナコーヒーのイメージしかありませんが、まだ日付変更線すら跨いだことがありません^^;
 
ハワイが好きな方はNHよりもUAマイレージの方がより濃密なフライトができると思います!

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)