北京(PEK)BGSプレミアラウンジのWifiスピードチェック

北京(PEK)BGSプレミアラウンジのWifiスピードチェック

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
ロンドンへ行くのに中国国際航空(CA)を利用した際の乗り換え地である北京首都空港(PEK)で、プライオリティ・パスで利用出来るGBSプレミアラウンジへ行ってきました。
 
いつもの通り、Wifiのスピードチェックを行います。

ラウンジ概要

BGSプレミアラウンジは、PEKのターミナル3にあるラウンジです。
 
PEKのラウンジは、CAラウンジもそうなのですが天井がなく、中の様子を外から見ることができます。
 
乗り換えフロアの1階上に、ラウンジがある感じです。
 
入り口は、こんな感じ。

ラウンジの中は、こんな感じです。


入り口近くには、魚が泳いでいます。

食べ物、飲み物も一通りそろっています。


中国っぽい食べ物も、数多くあり、ヌードルバーもありました。

接続方法

ラウンジ独自のWifiはないので、空港が提供しているWifiを利用することになります。
 
AIRPORT-FREE-WIFIというSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。
 
その後(だいぶ待たされて)表示される画面で、Wifi Codeをクリックし、受付で配られているパスワードを入力すれば接続完了です。

通信速度計測結果


上り 1.73Mbps
下り 0.86Mbps
 
空港全体で利用されているWifiなので、スピードはこんなもんでしょう。
 
あと、とても切れやすく何度も接続を繰り返さなければいけません。

まとめ

今回のCAはビジネスクラスだったのでCAラウンジへも行けたのですが、妻の航空券がエコノミークラスだったため入ることができず、まだSFC修行中の身だったため同伴者を入れることもできず。
 
CAラウンジは、帰りのフライトで利用してみようと思います。
 
また、中国では繋がらないと聞いていたgoogleやfacebookですが、実際にはどうなるのか、アクセスしてみました。

こんな状態が、ずっと続きます。
 
まあこれも、VPNなんかを使えばすぐに利用できちゃうんですけどね。

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)