Business Class Review : エミレーツ航空(EK) EK61 ドバイ(DXB) – ハンブルク(HAM) Airbus A380-800

Business Class Review : エミレーツ航空(EK) EK61 ドバイ(DXB) – ハンブルク(HAM) Airbus A380-800

3ヶ月ぶりくらいで、エミレーツ航空(EK)のビジネスクラスに搭乗しました。
 
今回はドバイ(DXB)からハンブルク(HAM)行きのエアバス A380です。
 
EKフライトのレビューをしてみます。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

EK61搭乗記

今回はDXB発のフライトだったのですが、前日はハイアットプレイスドバイ/バニヤススクエアへ宿泊。

Screenshotハイアット ライフタイムグローバリストへの道#40(Hyatt Place Dubai/Baniyas Square)

ハイアット ライフタイムグローバリストへの道#40(Hyatt Place Dubai/Baniyas Square)

メトロで空港へ向かいます。


ビジネスクラス・ファーストクラス専用のチェックインカウンターへ向かいます。



ラウンジはお金を払ってファーストクラスラウンジへ入ってみましたが、とんでもなく美味しい物を食べることができました。

ScreenshotLounge Review : ドバイ空港(DXB)ターミナル3 エミレーツ航空(EK) ファーストクラスラウンジ(コンコースA)

Lounge Review : ドバイ空港(DXB)ターミナル3 エミレーツ航空(EK) ファーストクラスラウンジ(コンコースA)

時間が来たので、機内に乗り込みます。

ラウンジから直接機内へ乗り込むことができるのですが、エレベーターを降りて乗り込むまでの様子を動画に収めてみました。

座席

今回搭乗した機材はもちろん、エアバス A380-800です。

機材登録番号は、A6-EVCです。
 
2019年から利用されている機材のようなので、中も新しい感じでした。
 
座席は、こんな感じです。



自席のミニバーと、電源です。

お昼の便だったからか、アメニティグッズはありませんでした。
 
ヘッドフォンはもちろん、ノイズキャンセリングです。

シートを調節するボタンの種類は、結構シンプル。

ビジネスクラス後方には、バーもあります。


トイレはこんな感じです。


機内WiFi

EKのA380機材では、機内WiFiも利用できます。
 
ビジネスクラス搭乗客は、無料。
 
ステキですね。
 
OnAirというSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。

その後表示されるページでEKマイレージプログラムにログインし(または座席と名字を入力し)ます。


以下の画面が表示されれば、接続完了です。

通信速度計測結果


上り 17.31Mbps
下り 0.55Mbps
 
他社の機内WiFiに比べるとちょっともっさりしてる感じはしましたが、ネットワークは安定していました。
 
接続も切れることなく、利用できました。

食事

メニューです。






ファーストクラスラウンジでたくさん食べたのでお腹いっぱいでしたが、おつまみから最後のアイスクリームまでちゃんといただきました。





食事は1回だけでした。

HAM着


約7時間のフライトで、ハンブルク(HAM)に着きました。

今回のフライトは自分の席の椅子がちょっと調子が悪く、フルフラットになった後元に戻らない、というちょっとしたアクシデントもありましたがスタッフが無理矢理直していました。
 
A380は、何度乗ってもいいですね 🙂
 
A380は2021年に生産が終了しますが、これからも、EKだけではなくて違う航空会社のA380を乗り比べてみたいと思います。
 
EKは定期的に搭乗しないと 😉

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea