コロンボ空港(CMB) SerendibラウンジのWifiスピードチェック

コロンボ空港(CMB) SerendibラウンジのWifiスピードチェック

ドバイへのフライトは、スリランカ航空(UL)を利用してコロンボ(CMB)乗り換えで行ったんですが、CMBではULのフラグシップラウンジ「Serendibラウンジ」を利用することができます。
 
いつもの通り、そこでWifiスピードチェックをしてきました。
 
日本人初のBoarding Areaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

ラウンジ概要

Serendibラウンジは、出国審査を済ませた後、少し歩いたところにあります。
 
到着したのが朝6時前だったのですが、ラウンジの中はなんだか蒸し暑かったです。
 
コロンボの3月、朝6時前はまだ薄暗いです。

早朝に到着したので、シャワーを利用してみました。

シャワーを利用したい旨をスタッフに伝え、バスタオルとシャンプーなどを受け取ります。

シャワーそのものは普通に使えたんですが、借りたドライヤーが全く機能せず。
 
一つしかないそうで、しょうがないのでそのまま自然乾燥せざるを得ませんでした・・・。
 
気を取り直して、こちらが食事のコーナー。


さすがお茶の国スリランカのラウンジ、様々な種類の紅茶が置いてありました。

お湯を入れるポットも、なんだか高そうです。

紅茶に入れるミルクは、少量ずつパッキングされています。

やっぱりミルクティーには、English Breadfastですね 😉

中の様子を動画に収めました。

接続方法

Serendib_Dialog_Wi-FiというSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。
 
その後表示される画面で、受付で受け取ることのできるIDとパスワードを入力します。

パスワード入力後、以下のような画面が出たら接続完了です。

通信速度計測結果


上り 2.57Mbps
下り 0.14Mbps
 
数字の通り、ちょっと遅かったです。
 
PCでの作業は行いませんでしたが、スマートフォンの利用にはまぁ耐えられると思います。

まとめ

色々写真を撮っていたら、夜が明けていました。

フラグシップラウンジ、という割には少し狭く、ドライヤーも壊れているという散々な結果となりました^^;
 
それでも、紅茶だけはさすがに高級感があり、面目躍如というところでしょうか。
 
今度は日中に訪れてみたいと思います。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)